おしらせ

6月23日『杏仁風味の杏のコンポート作り』瀬戸口しおり/料理家 フォトレポート

初夏の短い間だけ旬を迎える杏を使ったコンポートを、瀬戸口しおりさんに教えていただきました。
きれいな色の杏とお砂糖だけを使うシンプルなレシピなのに、しおりさんの魔法で、甘酸っぱい杏と杏仁の香りで、とってもおいしいコンポートが出来上がりました。
アガーを使った透明な「水ゼリー」にのせて、涼しげなデザートになりました。大人も子どもも、ためいきのでる美味しさにしばしうっとり。おいしくいいただきました。瓶に入れたコンポートは日持ちがするので、ソーダーで割ったり、ヨーグルトにのせたりお家でも楽しんでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/06/23|アートスクール

6月19日「景丘の家・こども食堂」フォトレポート

景丘の家・こども食堂では、みんなでつくって、みんなでいただく食堂です。こどもたちは、調理から配膳まで大人といっしょに台所仕事をします。
今月は、2種類の巻き寿司、野菜のチャプチェ、ローストポテト、古来種のお野菜赤カンバの漬物と葉ごぼうのきんぴら、豆腐とおかひじきの味噌汁、野菜たっぷりの献立です。食事をつくるのには、たくさんの工程があります。いろんな体験をこどもと大人がいっしょにして、楽しくつくって楽しくいっしょにいただく。景丘の家のこども食堂です。

今回も新鮮な野菜がたくさん届きました。

福井県から届いた古来種の「アカカンバ」、塩もみをして甘酢漬けと麹漬けにしていただきます。

巻き寿司の具材は、ひとつは、アスパラガスと牛肉と大葉。
もうひとつは、ハラスと卵ときゅうりです。具材を炒めて、切って、海苔にごはんと具材をのせて、巻きすを使って海苔巻きを作ります。

1階では、囲炉裏に火を入れて料理が出来上がるのにそなえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつお節を鰹節削りで削りました。はじめての体験に、みんな真剣です。

削りたては美味しさ格別!

 

 

 

 

さあ、囲炉裏のまわりに集まってみんなでおいしくいただきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回もたくさんの方のご協力で、心あたたまるこども食堂になりました。

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/06/21|景丘の家・こども食堂

6月の募集情報(アートスクール、TIFFティーンズ映画教室2019、景丘の家・こども食堂)

 

<アートスクール申し込み受付(7月講座)>(事前予約制)

016『お花ってどうやって活けるの?』 上野智枝子/フローリスト  7月7日(日)13:00-14:30
017『整体的子育て入門』 山上亮/整体ボディワーカー  7月20日(土)10:00~11:30
018『きちんとゆったり浴衣の着方』  江波戸玲子/ボンナレット主宰  7月26日(金)14:00~16:00
019『いのちと食のワークショップ』 竹林久仁子/beet eat 料理人・猟師  7月31日(水)13:00~16:00

申込受付期間 6月1日(土)10:00〜

 

< TIFFティーンズ映画教室2019開催決定!(7/17開催)>

全国でこどもたちを対象に映画鑑賞・制作ワークショップを開催している「こども映画教室」と、東京国際映画祭とのコラボレーション企画である中学生限定の映画づくりワークショップが、この夏、景丘の家を拠点にて行われることになりました。特別講師は杉田協士監督です!
*完成作品は、今秋開催の東京国際映画祭のスクリーンでワールドプレミア上映されます。

詳細・申込 https://kageoka.com/artschool/2229/

 

<こども食堂申し込み受付(7/17開催)>(事前予約制)

【7月の開催日】
7/17(水)17:00〜20:00
*調理17:00〜、仕上げ18:00〜

 

 【対象】3歳以上(小学生以上はひとりでも可)

  *渋谷区民優先
*保護者の方も準備にご参加ください。

【参加費】小学生まで300円、中学生以上500円

【申込受付】*事前予約制
6/20(木)~6/30(日) 
*開催前月の20日~月末
*HP、窓口にて受付

詳細・申込  https://kageoka.com/kodomoshokudo/

2019/06/15|今月のお知らせ

6月2日『囲炉裏じかん~岩手のげんべたもちと野草茶』安田花織/ヤスダ屋 料理人 フォトレポート

ヤスダ屋の安田花織さんは、日本や世界を旅してその地方、土地に昔から伝わる食を研究しています。
その土地ならではの食文化や知恵を今の暮らしに生かせるように、様々な形のワークショップなどで、私たちに伝えてくれます。
今回は岩手のおばあちゃんたちに安田さんが教わった、げんべたもちを作りました。小麦粉をこねて、その中にあんこや黒糖など好きなものをいれて、葉に包んで焼きます。囲炉裏のまわりは、かしわの葉で包んだおもちの焼けるい〜い香りが。おもちが焼けるのを待つ間に、野草茶をブレンドしました。スギナ、どくだみ、びわの葉、柿の葉、菊、なじみのある草木の野草茶です。安田さんから、植物のお話を聞きながら、思い思いのブレンドの野草茶と焼きたてのげんべたもちをいただきました。みんな自分で作った自分の味に大満足でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/06/02|アートスクール