おしらせ

7月7日『お花ってどうやって活けるの?』上野智枝子 / フローリスト フォトレポート

女の子のあこがれの職業でもあるお花やさん。
今日は渋谷区で、素敵なお花やさんを開いている上野智枝子さんに、お家でお花を素敵に活けるコツを教えていただきました。上野さんが用意してくださったのは、ハーブや季節の花。
さりげなく風にそようぐような軽やかな風情です。
お花を活ける時の基本を教えていただいた後は、自由に活けてみました。
みんなお花と対話をしながら、美しい世界に没頭。
お花をさわっていると、自然な香りを感じて心がほぐれていくようです。
上野さんにアドバイスをいただいたり、お花や植物に関する質問にもたくさん答えていただきました。
お家に帰って活け直すのが楽しみですね。みんな笑顔で素敵な花束をかかえて帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/07/07|アートスクール

6月29日『手作り手ぬぐいを作ろう!』香菜子/モデル・デザイナーフォトレポート

モデルであり、プロダクトデザインも手がける香菜子さんと、オリジナルのてぬぐいを作りました。

香菜子さんの提案は、どこの家にもある身近な素材を使って、おしゃれなオリジナルを作ること。

輪ゴム、割り箸、紙コップなどを使って、布用のスタンプで柄をつけていきます。
思い思いの素敵な柄が出来上がりました!

オリジナルのラッピングをすると、まるでお店に置いてあるような、おしゃれで世界に一枚の手ぬぐいになりました。

きれいな配色、細かいパターンを繰り返したり、大胆に道具を使って思いも寄らない柄ができたり。子どもたちの想像力と集中力とセンスに驚かせれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/06/30|アートスクール

『感想文庫』景丘の家1階サロンにオープンしています。

景丘の家1階サロンには、大きな本棚が2つ並んでいます。入り口に近い本棚が『感想文庫』、奥にある本棚は、景丘の家がみなさんにご紹介したい本を並べています。

『感想文庫』には、みなさんの好きな本、おすすめの本など、みなさんから寄贈いただいた本が並んでいます。本をご寄附いただく時に、その本の感想をカードに書いていただきます。そしてそれを借りて読んだ方が、また感想をカードに書いてご返却くださいます。みんなの気持ちが詰まった本棚です。

もとは、恵比寿ガーデンプレイスのコモンエビスにあって、地域の方々、そこで働く方々から愛され、たくさんの方にご利用されてきました。

最初はなにもない本棚からはじまって、素敵な本がたくさん集まっています。景丘の家に移っても、たくさんの方にご利用いただいて、本が人と人をつなぐ『感想文庫』になるようにと願っています。

景丘の家の囲炉裏のある空間で、のんびりお茶を飲みながら、素敵な本との出会いを楽しんでみませんか。

本のご寄附はおひとり1冊。1階受付でスタッフにお申し出ください。

その本の感想やおすすめのコメントを書いていただくカードをお渡しします。

本を借りたい方は、同じく1階受付のスタッフにお申し出ください。1回3冊まで、2週間お貸出しいたします。返却の時に、本の後ろにある感想カードに感想コメントを書いてご返却ください。

感想文庫ぺージヘ>>>

 

 

2019/06/30|その他

6月23日『杏仁風味の杏のコンポート作り』瀬戸口しおり/料理家 フォトレポート

初夏の短い間だけ旬を迎える杏を使ったコンポートを、瀬戸口しおりさんに教えていただきました。
きれいな色の杏とお砂糖だけを使うシンプルなレシピなのに、しおりさんの魔法で、甘酸っぱい杏と杏仁の香りで、とってもおいしいコンポートが出来上がりました。
アガーを使った透明な「水ゼリー」にのせて、涼しげなデザートになりました。大人も子どもも、ためいきのでる美味しさにしばしうっとり。おいしくいいただきました。瓶に入れたコンポートは日持ちがするので、ソーダーで割ったり、ヨーグルトにのせたりお家でも楽しんでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/06/23|アートスクール