7/20(土) 14:00〜16:00 『世界にひとつだけの模様 トルコの伝統技法エブルを体験してみよう』アルトゥンタシ真理子 /アトリエサフラン/エブル・キリム講師

エブルとは、オスマン帝国時代のトルコで栄えたマーブリング技法の一種です。
水面に落としたインクをピンなどを使ってさまざまな模様を描き、紙に写しとるアートです。

すべての作品は世界でたった一つのものとなり、2度と同じ模様を描くことはできません。
身近なトルコの文化にも触れながら、エブルを体験してみましょう。

日時 7/20(土) 14:00〜16:00
対象 小学生以上
参加費 1000円/1名
持ち物 汚れてもよい服装
申し込み期間 2024/6/1(土)10:00〜6/15(土)21:00
結果通知 2024/6/25(火)までにメールでお知らせします。

アルトゥンタシ真理子アトリエサフラン/エブル・キリム講師

小学生の頃、従姉妹がやっていたマーブリングに衝撃を受け、マーブリングという技法を知る。2005年、初めて訪れたトルコでエブルに出会う。
その後トルコに渡り、トルコのエブル作家ユルマズ・エネシュ氏に師事、
エブルについて学ぶ。
2009年から東京にあるトルコ文化センターにてレッスン開始。

予約申し込みはこちらから

その他のアートスクール