おしらせ

【5/31更新 たいせつなお知らせ】ご来館のみなさまへご協力とお願い

リバウンド警戒期間終了を受け、一部利用制限を緩和しました。
引き続き、感染防止対策を講じたうえで開館いたします。

感染拡大防止のために休園・学級閉鎖(又は学校閉鎖)となった乳幼児・児童は、
休園・学級閉鎖の期間中、感染の有無にかかわらずご来館をお控えください。

ご利用の皆さまにはご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をいただけますようお願いいたします。

 

***

「ご来館のみなさまへ、ご協力とお願い」

1)入場者数の制限

・渋谷区在住・在学の方のみのご利用とさせていただきます。

・感染拡大防止のために休園・学級閉鎖(又は学校閉鎖)となった乳幼児・児童は、休園・学級閉鎖の期間中、感染の有無にかかわらずご来館をお控えください。

・各フロアごとに人数を制限してご利用いただきます。混み合う際は、お待ちいただく場合がございます。

・3Fのおやこフロアのご利用を1時間ごとの入れ替え制とさせていただきます。1F受付にて整理券でご案内いたします。

・グループでのご来館はお控えください。

・長時間のご利用はお控えください。譲り合ってのご利用をお願いいたします。

 

2)開館時間

火曜〜金曜:11:00~19:00(B1,3F:〜18:00)

土曜・日曜・祝日:10:00~:18:00(B1,3F:〜17:00)

*小学生以下のご利用は18:00まで

 

3)健康状態の確認

・来館の際は必ず1F受付にお越しいただき、検温いただきます。(非接触型)

・受付にて、お名前とご連絡先電話番号のご記入をお願いいたします。

・ご本人やご家族に体調不良の症状が見られましたら、ご来館をお控えください。

 

4)感染防止対策

・マスクの着用をお願いいたします。

・来館後、館内に設置するアルコール消毒か石鹸による手洗いをお願いします。

・お茶の提供は控えさせていただきます。(マイボトルをご持参ください)

・お食事・おやつも当面の間、お控えください。

・乳児のオムツ交換にはオムツ替えシートをご持参ください。

・ごみは全てお持ち帰りください。

・スタッフは毎日全員検温をし、マスクの着用をいたします。

・館内の換気、消毒を定期的に行います。

 

2022/08/18|その他

【3Fおやこフロア】1時間ごとの入れ替え制とさせていただきます。

いつも、景丘の家をご利用いただきありがとうございます。

3Fのおやこフロアのご利用を1時間ごとの入れ替え制とさせていただきます。
ご来館後、1F受付にお越しいただき整理券でのご案内となります。

・当面の間は、渋谷区在住・在学の方のみのご利用とさせていただきます。
・各フロアごとに人数を制限してご利用いただきます。混み合う際は、お待ちいただく場合がございます。
・グループでのご来館はお控えください。

引き続き、基本的な感染防止対策を講じたうえでの開館となりますので、
ご利用の皆さまにはご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をいただけますようお願いいたします。

お越しになる際は、WEB、SNS等の最新情報をご確認のうえご来館くださいませ。

2022/08/18|その他

世界のごはんシリーズvol.27ネパール「ダルバード (野菜のタルカリ、アツァール、サーグ)、ダルスープ、モモ(蒸し餃子)」フォトレポート

景丘の家・こども食堂レシピ
こどもたちと作っているレシピです。ぜひおうちでつくってみてくださいね!

↓A4レシピ4枚(PDF)
下の画像をクリックすると表示されます。

8月 こども食堂 【ネパール編】 レシピ2人分

《ダルバート》

野菜のタルカリ

・カリフラワー 1/4個

・じゃがいも 1個

・玉ねぎ 1個

・ローリエ 1枚

・バター 15g

・水 250ml

【A】

・クミンシード 大さじ1/2

・コリアンダーシード 小さじ1/2

・しょうが 5g

・にんにく 1片

・ターメリック 小さじ1

・塩 小さじ1

  1. カリフラワーとじゃがいもは一口大に、玉ねぎ・にんにく・しょうがはみじん切りにしておく。
  2. フライパンにバターを入れあたため、玉ねぎに色がついてくるまで炒める。
  3. 【A】を加えて香りが出るまで炒め、じゃがいもも加えて炒める。
  4. カリフラワーとローリエ、水を加え弱火にして煮込み、野菜が柔らかくなったら出来上がり。

紫大根のアツァール

・紫大根 4cmくらい

・塩 小さじ1

・フェネグリーク 小さじ1/2

・サラダ油 大さじ1/2

【A】

・黒すりごま 20g

・ターメリックパウダー 小さじ1/2

・レモン汁 小さじ1/2

  1. 紫大根をいちょう切りにし塩を振り、しばらく置いておく。
  2. 水気を切ったら【A】を振りかける。
  3. 小さいフライパンかお鍋にサラダ油を入れあたため、フェネグリークも入れ煙が出るくらいまで熱したら2にかける。
  4. 粗熱がとれたらできあがり。

サーグ

・からし菜 10g

(わさび菜、ほうれん草、小松菜などでも良い)

・クミンシード ひとつまみ

・塩 少々

・サラダ油 適宜

  1. からし菜はざく切りにし、フライパンにサラダ油をひきクミンシードを炒めて香りを出す。
  2. からし菜を加えて炒め、塩で味付けをしたらできあがり。

ダルスープ

・レンズ豆(水煮) 100g

・玉ねぎ 1/4個

・水 400ml

・しょうが 1cmくらい(みじん切り)

・にんにく 1/2片(みじん切り)

・バター 大さじ1/2

・クミンシード 小さじ1/2

・クローブ 1粒

・カルダモン 1粒

・塩 少々

  1. 鍋にバターをあたため、しょうがとにんにく・クミンを加え香りが立ってくるまで炒める。
  2. 1に玉ねぎを加えきつね色になるまで炒める。
  3. 2に水を加えクローブ、カルダモン、塩、レンズ豆を加えてひと煮立ちさせ、弱火で約10分ほど煮込んだらできあがり。

モモ

〈皮〉

・水 50ml

・強力粉 50g(打ち粉分は別)

・薄力粉 50g

  1. ボウルに材料を入れよく捏ね、ラップをかけて1時間ほど寝かせる。
  2. 小分けにし円板状に引き伸ばしておく。

〈餡〉

・豚肩ロース肉  250g

・にんにくの芽 1本

・玉ねぎ 1/4個

・ガラムマサラ 小さじ1/2

・塩 少々

  1. 豚肉はミンチ状に、にんにくの芽はみじん切りにする。
  2. ボウルに1とその他の材料をすべて入れ粘り気が出てくるまでよく混ぜる。
  3. モモの皮で餡を包み、蒸し器で10分ほど蒸したらできがり。

《モモのソース》

・トマト 1/2個

・ヨーグルト 大さじ1

・白すりごま 大さじ1

 

【A】

・ターメリックパウダー  小さじ1/2

・塩 小さじ1/2

・おろししょうが 少々

・クミンパウダー 少々

  1. トマトは荒目なみじん切りにする。
  2. フライパンにバターを入れあたたまってきたら【A】を入れて香りが出てくるまで炒める。
  3. トマトとヨーグルトを入れ煮込み、トロッとしてきたらすりごまを加えてできあがり。

 

 

今日は、ネパールのごはん。いろいろな香辛料を使って、部屋の中がいつもとちがう香りになりました。
野菜を色々なスパイスを使って味付けをしたタルバート。ネパールの代表的なおかず「モモ」など一皿にいろいろなおかずが並びました。モモは革も手作りして、かわいい形に包みました。熱々に蒸しあがったら、みんなでいただきます。ごはんとダルスープといっしょにいただきました。
今月も大地を守る会をはじて、多くのみなさまのお力添えで開催することができました。ありがとうございます。心より感謝もうしあげます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022/08/18|景丘の家・こども食堂

8/7『蓮沼執太の音楽ワークショップ「おと → もじ → おと」』蓮沼執太 / 音楽家 フォトレポート

耳をすまして聴こえてくる音に意識をむけてみると、いろいろな音に囲まれていることに気づきます。
今日は、東京2020パラリンピックのパラ楽団をはじめ、映画、演劇、など多方面で活躍する音楽家・アーティストの蓮沼執太による音のワークショップ。
景丘の家で色々な音をみつけます。その音を自分のことばにして表して。ひとつの音でも言葉にするとおもしろい。同じ音を聴いても、それを表現するとみんな違うのですね。今日見つけたかっこいい音、素敵な音をみんなでシェアして、今度はその音を蓮沼さんが用意してくれた、いろいろなものの中から探してみます。
いろんな国の鈴や鐘、金具、木片、ロープ、落としてみたり、こすってみたり、自分のイメージとぴったりくる音を探します。みんなモノが出す音に耳をすまして、とっても集中して音を探し当てていました。
最後はみんなが持ち寄った音を合わせて、蓮沼さんの指揮で音鳴らしてみました。みんなのイメージを持ち寄って重ね合わせた音と音が楽しくおしゃべりしているような合奏になりました。
音という目に見えないものを探して、自分の感覚と向きあって創造したワークショップになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらをクリックするとワークショップで作った音が再生されます。

2022/08/18|アートスクール