おしらせ

【10/1更新 たいせつなお知らせ】ご来館のみなさまへご協力とお願い

10/1(土)より、一部利用制限を緩和しました。
引き続き、感染防止対策を講じたうえで開館いたします。

感染拡大防止のために休園・学級閉鎖(又は学校閉鎖)となった乳幼児・児童は、
感染の有無にかかわらずご来館をお控えください。

ご利用の皆さまにはご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をいただけますようお願いいたします。

 

***

「ご来館のみなさまへ、ご協力とお願い」

1)入場者数の制限

・渋谷区在住・在学の方のみのご利用とさせていただきます。

・感染拡大防止のために休園・学級閉鎖(又は学校閉鎖)となった乳幼児・児童は、感染の有無にかかわらずご来館をお控えください。

・混み合う際は、お待ちいただく場合がございます。

・3Fのおやこフロアのご利用を1時間ごとの入れ替え制とさせていただきます。1F受付にて整理券でご案内いたします。

・グループでのご来館はお控えください。

・長時間のご利用はお控えください。譲り合ってのご利用をお願いいたします。

 

2)開館時間

火曜〜金曜:11:00~19:00(B1,3F:〜18:00)

土曜・日曜・祝日:10:00~:18:00(B1,3F:〜17:00)

*小学生以下のご利用は18:00まで

 

3)健康状態の確認

・来館の際は必ず1F受付にお越しいただき、検温いただきます。(非接触型)

・受付にて、お名前とご連絡先電話番号のご記入をお願いいたします。

・ご本人やご家族に体調不良の症状が見られましたら、ご来館をお控えください。

 

4)感染防止対策

・マスクの着用をお願いいたします。

・来館後、館内に設置するアルコール消毒か石鹸による手洗いをお願いします。

・お飲み物はお持ち込みいただけます。

・お食事・おやつも当面の間、お控えください。

・乳児のオムツ交換にはオムツ替えシートをご持参ください。

・ごみは全てお持ち帰りください。

・スタッフは毎日全員検温をし、マスクの着用をいたします。

・館内の換気、消毒を定期的に行います。

 

2022/11/26|その他

【3Fおやこフロア】1時間ごとの入れ替え制とさせていただきます。

いつも、景丘の家をご利用いただきありがとうございます。

3Fのおやこフロアのご利用を1時間ごとの入れ替え制とさせていただきます。
ご来館後、1F受付にお越しいただき整理券でのご案内となります。

・当面の間は、渋谷区在住・在学の方のみのご利用とさせていただきます。
・各フロアごとに人数を制限してご利用いただきます。混み合う際は、お待ちいただく場合がございます。
・グループでのご来館はお控えください。

引き続き、基本的な感染防止対策を講じたうえでの開館となりますので、
ご利用の皆さまにはご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をいただけますようお願いいたします。

お越しになる際は、WEB、SNS等の最新情報をご確認のうえご来館くださいませ。

2022/11/26|その他

11/26『大きなとびだす絵本「たべるのだあれ?」を作ろう』すぎはら けいたろう / 絵本作家・グラフィックデザイナー フォトレポート

一枚の紙を切って、折って、塗って。
出来上がったのは大きな大きな飛び出す絵本!

今日は、絵本作家であり、グラフィックデザイナーでもあるすぎはらけいたろうさんと、大きな大きな飛び出す絵本をつくりました。

紙に切れ込みて作る”飛び出すしかけ”を教わった後、
参加者それぞれが実際に大きな画用紙に切れ込みをいれてしかけをつくり、そこから見えてくる世界をみんなで想像してみました。

「これは犬が何か食べているように見える!」
「かばかな、いや、おおかみが走ってる感じかな。」

しかけをパタパタとめくりながらこどもたちが想像を巡らせていると、すぎはらさんがひとりひとりの想像を丁寧に読み解きながら質問を重ねていきます。

「ここはどんな場所かな?」
「どんな食べ物が好きな子なのかな?」

すぎはらさんの問いに応える形で、こどもたちが下書きなしで自由に絵筆を走らせました。こどもたちの空想の世界がどんどん広がり、想像を超える飛び出す絵本『みんなで たべるのだあれ』が完成!

出来上がった絵本の中にいるのは、6匹の動物たち。みんなとってもいきいきとして楽しそうな表情です。

みんなでつくった『みんなで たべるのだあれ』は景丘の家1Fの囲炉裏スペースにしばらく設置します。
ご来館の際には是非、世界でたった一冊の飛び出す絵本をめくってみてください。
その迫力にきっと驚かされるはずです。

 

2022/11/26|アートスクール

11/20『ドジョウとうなぎ』白鳥翔大 / アントシカダシェフ フォトレポート

今日は、動物・植物・虫への分け隔てない愛情と探求をテーマとしている
「アントシカダ」のシェフ白鳥翔大さんと一緒に栄養たっぷりの江戸前&精進料理を作りました。

まずは生きたドジョウを手で捕まえてお酒の入った鍋に移します。
初めての体験に大騒ぎするこどもたちと、酔っ払っていくドジョウたち。
このドジョウを食べるんだよと伝えると驚く子どもたちの声が響きました。

ゴボウと山芋をすってペーストにしたものを広げ、スパチュラを使ってうなぎの骨を描きます。
誰が上手に描けるかの勝負が密かに繰り広げられ、子どもたちは職人の顔つきで慎重に骨を仕上げました。

ドジョウの春巻きとゴボウと山芋の鰻仕立ての香ばしい匂いとともに「おなかすいた〜」という声が聞こえてきました。

料理が出来上がったら、囲炉裏を囲んでいただきます。
あさりのお味噌汁とかまどで炊いたご飯も一緒です。

あたたかいご飯と「美味しいね」という声が囲炉裏を包み、心も身体もぽかぽかなワークショップになりました。

2022/11/23|アートスクール

世界のごはんシリーズvol.30 オランダ 「エルテンスープ (エンドウ豆のスープ)、クロケット(クリームコロッケ)」フォトレポート

景丘の家・こども食堂レシピ
こどもたちと作っているレシピです。ぜひおうちでつくってみてくださいね!

↓A4レシピ3枚(PDF)
下の画像をクリックすると表示されます。

クロケットのレシピ
  • 牛肉薄切り 25g
  • 薄力粉 20g
  • たまご 1個
  • 牛乳  30ml
  • パン粉(細かいもの) 適宜
  • パセリ 適宜
  • 塩、こしょう 適宜
  • バター 10g
  • ナツメグ 少々
  • チキンブイヨン 50ml(水50mlとコンソメキューブ1/2で)
  • 油 (揚げ用)
1. パセリをみじん切りにし、牛肉も細かく切っておく2. 鍋にバターを入れ弱火にかけ、バターが溶けてきたら薄力粉を加え良くなじむように炒める(だまがあっても大丈夫)3. ブイヨンを何回かに分けて加え、その都度だまをつぶすように混ぜる

4. だまがなくなってきたら牛乳も何回かに分けて加え、こちらもその都度しっかり混ぜる

5. クリーミーになり、全体がまとまってきたら牛肉を加える(厚手の鍋を使用している場合はここで火を止める)

6. お肉の色が変わったらパセリを加えよく混ぜ、塩、こしょう、ナツメグも加えてさらに混ぜたらタネのできあがり

7. 溶いた卵の中にスプーンですくったタネをくぐらせ、パン粉をつけてたわら型に整えバットに並べておく

8. 揚げる直前に更にパン粉をまぶし、優しく手でにぎってパン粉をまぶす
(ここでしっかりとパン粉を付けないと中身が出てしまうので気をつけること)

9.180度の油で色がつくまで揚げたらできあがり

*油の温度が高いと破裂するので気をつけて、更にたまごをにくぐらせてパン粉をつけてもよいがひと回り大きくなる
エルテンスープのレシピ
  • えんどう豆(グリンピースで代用可)100g
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 人参 1/2本
  • じゃがいも 1個
  • セロリ 1/2本
  • 豚肉(シチュー用) 100g
  • ソーセージ(大きなもの) 1/2本
  • コンソメ 1/2個
  • ローリエ 1枚
  • 水  300ml
  • 塩こしょう 少々
  • オリーブオイル 大さじ2と1/2
  • パセリ(飾り用)
  • 1.豚肉とソーセージは食べやすい大きさに、玉ねぎ、セロリ、人参はみじん切りにし、じゃがいもは小さめの角切りにしておく2.厚手の鍋にオリーブオイル(大さじ1)と豚肉を入れ火にかけ焼き色がついてきたら、いったん取り出す(この時に火が通っていなくても大丈夫)3.1の鍋に残っているオリーブオイル入れ、えんどう豆、玉ねぎ、人参、じゃがいも、セロリを加えて炒める

    4.2の鍋に1の豚肉と水、コンソメ、ローリエを加え野菜が柔らかくなるまで煮込む

    5.フライパンにオリーブオイル(大さじ1/2)を入れソーセージに焼き色をつける

    6.野菜がしんなりしてきたらフードプロセッサーで撹拌したら再度鍋に戻して煮込む

    7.最後に塩こしょうで味を整え、2で焼いたソーセージとお好みでパセリを飾ったらできあがり

    • 朝晩冷え込むようになってきて、少し冬が見え隠れ。
      今月は、オランダの料理をみんなで作ります。
      クロケットはたわら型のコロッケに似たフライで、クリーム状の具がぎっしり詰まっています。まずはクロケットのタネ作りから。ホワイトソースの要領でよくよく混ぜてなめらかに。牛肉とパセリを加えたら中身の完成です。工程の多い衣付けは親子で協力して役割分担!揚げる時はドキドキしながら綺麗なきつね色に揚がりました。
      エルテンスープには、えんどう豆をはじめとした色々な野菜やお肉が入っています。ぐつぐつ煮たらミキサーで形が無くなるまで混ぜまぜ。こってり食べ応え抜群のスープのできあがりです。一緒に食べるソーセージも焼いたら、さぁみんなでいただきます!!スープもクロケットもボリュームたっぷりで、家族と一緒にもりもり美味しくペロリといただきました。
      オランダは冬がとっても長い国なのでこの時期にぴったりの料理がたくさんあります。

      今月も大地を守る会をはじめ、たくさんの方々のご協力でこども食堂を開催することができました。

      心より感謝申し上げます。

  •  

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 2022/11/17|景丘の家・こども食堂