おしらせ

2/17 へんてこパンやさんワークショップ 『おえかきクリームパンを作ろう!』 Goma/料理創作ユニット フォトレポート

とってもへんてこで楽しいきつねとねずみのパン屋さんのお話、絵本「へんてこパンやさん」。
著者で料理創作ユニットのGomaさんをお迎えして、絵本の中のかわいくて美味しいレシピから
「おえかきクリームパン」を作りました。

パン生地の発酵液を作るところから始まり、パンだけでなく2種類のクリームも作って、
さらにおえかきもするという、盛りだくさんのワークショップ。
今回は親子で、グループで、みんなで協力し合って、へんてこおえかきクリームパンを完成させます。

生地作りは、生地をたくさんボウルの底にたたきつけるのがポイント。
最初の工程からユニークで盛り上がります。
みんなで交代しながら何度も何度も高いところから落としたりたたきつけたりしているうちに
ベタベタしていた生地がツヤっとまあるくまとまってくるから不思議です。

次は生地を発酵させている間に、レンジを使って2種類のクリーム作ます。
レンジの前に並んで出来上がりを待つ間、カウンドダウンしながらリズムをとって歌ったり。
混ぜては並び、また混ぜて…ワクワクの待ち時間です。
グループごとにチョコとイチゴの担当に分かれ
それぞれの味つけもチームワークもバッチリ! お味見もペロリ! 冷蔵庫で冷やし固めます。

大きくふっくら膨らんだ生地ができたら、いよいよ形づくりとお絵かきタイムです。
柔らかく弾力のある生地を薄く伸ばし、優しくクリームを包んだらそれだけでかわいいらしい佇まいに。
並んだ丸い生地の一つ一つに絵を描ている眼差しは真剣で愛情いっぱいでした。

焼き上がったパンの甘い香りに包まれ
ホカホカの焼きたてクリームパンでお腹もいっぱい。

みんなでがんばって作ったへんてこおえかきクリームパンはとびきりのおいしさでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2024/02/23|アートスクール

2/10『光るブロックアニマルを作ろう』 藤本直明/美術家 フォトレポート

2月2日から、恵比寿映像祭の連携プログラムでB1で『Photonic Life』を展示していただいている藤本さんをお招きしワークショップを行いました。
レンブロックをつかって、自分で思い思いに生き物をつくり、最後に作品の中に持っていって光らせてみます。

レンブロックとは、木材から生まれたブロックで、廃古材・間伐材などがつかわれています。
景丘の家では、いつもB1プレイフロアでいつもみんなに遊んでもらっています。

グレーや白のナチュラルな色のブロックは、色が少ない分、かえってみんなの想像力を掻き立てます。
積み上げていくうちに形がみえてきて、「あ!」とひらめきました。

いつも景丘にあるレンブロックだけど、
今日は画用紙を挟んだり、貼ったりして、いままでブロックだけでは表現できなかったものも作ることができました。
さっそく『Photonic Life』のなかに持っていってみました。

みんなの頭のなかで生きていた生き物たちは、ふわりと光をまとい、
ゆらゆらと動く光の形は、まるで本当にここにいるかのように波打ちます。
「わぁ」とその光景にみんな目を輝かせていました。

藤本直明さんの作品『Photonic Life』は、2月いっぱい景丘の家のB1プレイフロアでお楽しみいただけます。
ぜひ体験しにいらしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2024/02/14|アートスクール

2/3『おうちでで楽しむ、苺のお菓子『苺のクラフティと苺のクレープ』』 飯塚有紀子/料理研究家・グラフィックデザイナー フォトレポート

飯塚有紀子さんをお招きして、苺をたっぷり使った「クラフティとクレープ」を教えていただきました。

今回は材料の計量から、洗い物まで、お父さんお母さんに手伝ってもらいながら、最初から最後まで自分の力で頑張りました。

まずは、クラフティはフランスの家庭のお菓子を作ります。お菓子は計量が大切なので、みんな真剣な眼差しで計りとにらめっこ。
型に苺を入れてカスタード生地をオーブンでこんがり焼きます。

お次は、クレープの生地もつくっていきます。
飯塚さんにコツをおしえていただきながら、(ひっくり返して5秒!)うすーく綺麗な生地を焼くことができました。
ホイッパーで泡立てた生クリームをつかって、丁寧に包んで盛り付けたら完成!

自分で集中して真剣に作ったお料理の味は格別です。
口の中いっぱいに甘酸っぱい苺と、やさしい甘みが広がります。
「きゅ〜っ」というおいしさに、みんなの顔が自然とほころんで、お部屋中が幸せいっぱいになりました。

美味しいお菓子をたべると自然とやさしい気持ちになりますね。
ぜひ今日のことを思いだして、お家の人と一緒につくってみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2024/02/04|アートスクール

1/28 『石をつくろう、石を食べよう』彗星菓子手製所/和菓子作家 フォトレポート

「みなさん、石は好きですか?石を拾ったことはある?」
こんな言葉からはじまった食べられる石つくり。
食べられる石ってなんだろう???

今日は彗星菓子手製所さんをお迎えし、丁寧に作ってくださった和菓子の餡を使って
自分好みの石を作ります。
先生が作った食べられる石と先生が拾ってきた食べられない石をじっくり観察。
どちらがどちらか、わからないほどの石にこども達は興味津々です。
先生は色々な場所で拾った石をたくさん見せてくれました。
石の色や年輪模様、肌触りなど様々な石を触って見て、どんな石を作ろうか真剣に考えます。

まずは石をつくる為に餡を包む練習です。
決まったグラムを計ったら、手の親指の付け根部分を使って丁寧に餡を広げていきます。
包む時は手をチューリップのようにふっくりと、親指を添えながらゆっくりゆっくり包みます。
はじめは中身の餡が上手く包めなかった子たちも、繰り返し練習することであっという間に上手に包めていきました。

さぁ、それではいよいよ本格的な石を作りましょう!!
うぐいすにきな粉、そして胡麻など、同じ餡でも分量を変えると全く違う石が出来上がります。
「計って伸ばして重ねて」を繰り返したら真ん中で切って断面の確認です。
真剣な眼差しで自分のイメージした石を次々に作り上げていくこども達。
包む手からは強い意志や慎重さ、おおらかさも垣間見れます。
うまく包めなかったり、作りたい模様に迷ったら、すっと手を挙げて先生に質問。
ひとつとして同じ石はありません。
つくった和菓子の石は、食べる前に皆で鑑賞会。
「こんな石あるある!」「かっこいい石だね!」「きれい~!!」など、
お友達がつくった石を目でも楽しみます。

可愛らしい梅の花のお茶を淹れたら、ほう葉に石をのせてお茶会の始まり。
黒文字(和菓子を食べる楊枝)の使い方も質問したりして、梅の花の香りをくんくん。
煎茶が入ったらお待ちかねの石を食べる時間です。
優しい甘さの白あずき餡にみんなの顔がほころびます。
自分の手を動かし、時間をかけたお菓子は美味しさも格別。
お持ち帰りした石をどう楽しんでくれたか、またみんなに聞きたいです。
海や川に行ったら、またいつか食べられる石がつくれる日を想像して
お気に入りの石を探してみてくださいね。

2024/01/31|アートスクール

1/21 『もふもふの動物ブローチを作ろう』松尾曜子/布や糸の作家 フォトレポート

ノッティング織とは、縦糸に毛糸を絡ませるようにして毛足を長く織ることのできる技法です。
ある程度の量感のある毛束を使って網目をつくるため、ボリューム感のある仕上がりになる特徴があります。
今回のアートスクールでは、ノッティング織の特徴を生かして、小さな織り機を使ってもふもふの動物をつくります。

先生が用意してくれた毛糸は、見ているだけで気持ちが柔らかくなるくらい、ふわふわモフモフ。
ひつじの原毛を機械ではなく手紡ぎで毛糸にしているから、空気を含んだ柔らかい質感になるそうです。

毛糸を眺めながら、どんな動物を作ろうか簡単にスケッチをしたら、いよいよノッティング織に挑戦してみます。
まずは先生が大きな模型を使って編み方の基本をレクチャーしてくれました。
”2本の縦糸に、8本の毛糸を絡ませる”、とてもシンプルな作業ですが、手のひらサイズの小さな織り機に、もふもふの毛糸を綺麗に絡ませていくのは、とっても難しい!
最初は、混乱しながらやり直したり、質問したり、手が止まってしまう子もいましたが、1時間くらい集中して作業を進めると、みんながコツを掴んで黙々と織を進めていくことができるようになりました。

2種類の白い毛糸を混ぜて、味わいのある白を表現してみる子がいたり、
自分のお家のわんちゃんの色を真似してつくってみた、という子も!

目と鼻をつけたら、最後はトリマーさんのようにハサミでボサボサの毛をきれいに整えます。
きれいに整った毛の表面をなでると、ほんものの動物みたいにふわふわ。
みんなの手のひらの中に、世界にひとつだけの宝物が生まれました。

 

      

2024/01/25|アートスクール