おしらせ

4/18『手間をかけて遊ぼう』久保 進 /「アトリエSUSU」主宰 フォトレポート

木で作られたカラクリおもちゃ、上から下にビー玉やプレートが転がり落ちるおもちゃ、木のボールを転がして目指すポイントに入れるボードゲームなど、たくさんのおもちゃを全て手作りされる久保進さん。
児童館の先生を長年勤められた「クボボ先生」は、こどもと一緒に楽しむことが大好き!
楽しく手を使い続けることで、五感がどんどん発達して、ヒラメキや好奇心がどんどん育っていくことを教えてくださいます。
手間とは、手の間と書き、手の先に無限に広がる世界のこと。無限の可能性を持つこどもたちに、大切に伝えたいことですね。
こどもたちはすぐに夢中。動く仕組みをじっと観察したり、繊細な手加減でボールを転がすことに何度も何度も挑戦したり。瞳を輝かせて、みんなおもちゃ遊びの世界に入り込んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/04/18|アートスクール

4/10『ミシンステッチ絵の刺繍を楽しもう』Nutel 渡邊笑理/ソーイングアーティスト フォトレポート

ミシンを自由自在に操って、素敵な絵を描くNutelさんにみんなが描いて欲しい絵をリクエスト。
フリーハンドで、どんどん生き生きとしたミシンステッチの絵が出来上がっていきます。
こどもたちは目を丸くして、その様子に見入ってしまいました。鹿と月、好きなお花、ふくろうと月、お花を持っているハリネズミ、お花と蝶、家族の一員の柴犬。みんな好きな絵をリクエスト。
その絵に好きな色の刺繍糸で、て刺繍をして色を入れていきます。
みんな刺繍は初めてという人ばかりでしたが、細かい針仕事の全集中。
出来上がると、「あー疲れた!」と伸びをして、達成感と充実感の笑顔。
とても素敵な世界に一つの作品が出来上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/04/10|アートスクール

4/4『フィルムカメラを作ろう! Konstruktor 組み立てワークショップ』ロモグラフィー フォトレポート

『Konstruktor』という組み立て式のフィルムカメラをロモグラフィさんと一緒に作りました。
とても小さなネジを分類するところからはじまり、パーツを切り取りながら
どんどん組み立てていきました。
細かい作業が沢山ありましたので、みんな真剣な表情で取り組んでいました。

3時間とたっぷり時間を使った講座でしたが、最後まで集中を切らさず頑張りました。
出来上がったカメラを見て、みんなの表情もニコニコに。

自分で作った世界で一つのカメラで、素敵な場面をたくさん切り取ってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/04/06|アートスクール

3/28『親子で楽しむクラシック・コンサート』adagio フォトレポート

今日は、演奏家ユニット『adagio』のみなさんに、親子で楽しめるクラシックコンサートを開いていただきました。

小さなお子さんと一緒だと「泣いてしまったらどうしよう」「大声で騒いだらどうしよう」と、コンサートなどになかなか一歩を踏み出しにくいことと思いますが、今回は景丘の家での開催ということもあり、穏やかに、自由に鑑賞してくださったようです。

最初は泣いてしまっていた赤ちゃんも、演奏がはじまるとジーッと不思議そうに集中して見ていたり、あまりにも気持ちよくなって眠ってしまうお子さんもいて、とても微笑ましい光景でした。

それぞれのソロパートで、太田美帆さんが、グレゴリオ聖歌「オディエ」を歌ってくださったのですが、参加者の皆で「フゥーー」と一つの音程をハミングしているところに合わせて歌い、厳かな一体感が生まれ、とても感動しました。

みんなが知っている「きらきら星」は、元気に歌ってくれた子たちのおかげでとても可愛く盛り上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『親子で楽しむクラシック・コンサート』セットリスト

「アヴェヴェルムコルプス」モーツァルト
「主よ人の望みの喜びよ」バッハ
「アヴェマリア」グノー
「アヴェマリア」ピアソラ
「ガヴォット」ゴセック(根本理恵ソロ)
「子どものための3つのピアノソナタより第1楽章」シューマン(小松陽子ソロ)
「オディエ」グレゴリオ聖歌(太田美帆ソロ)
「新世界より『家路』」ドヴォルザーク
「オンブラマイフ」ヘンデル
「きらきら星」

 

2021/03/28|アートスクール

3/21『切り絵で標本を作ろう』竹村東代子/イラストレーター・切り絵造形作家 フォトレポート

陰影や立体感が美しい切り絵。紙をカッターで切って作ります。
それを今日は桐の標本箱に飾って、切り絵で生き物の標本を作ります。
参加者のみなさんは、自分が作りたい生きものをイメージして、参考になる図鑑や本を持って来てくれました。
まずは、作りたいものを下書きして、それに合う紙を選んでに写しとったらていねいに切って行きます。
透明な明るい色の紙や、講師の竹村東代子さんが自分で染めた独特な風合い、色の和紙。
自分の作る作品に合う紙を選ぶのもとても楽しそうです。
細かな作業で、指先に神経を集中。みんな息を詰めたように真剣に切り絵と向き合います。
2時間集中して作った作品を標本箱に入れました。存在感のある素敵な作品が出来上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/03/21|アートスクール