おしらせ

8/7『蓮沼執太の音楽ワークショップ「おと → もじ → おと」』蓮沼執太 / 音楽家 フォトレポート

耳をすまして聴こえてくる音に意識をむけてみると、いろいろな音に囲まれていることに気づきます。
今日は、東京2020パラリンピックのパラ楽団をはじめ、映画、演劇、など多方面で活躍する音楽家・アーティストの蓮沼執太による音のワークショップ。
景丘の家で色々な音をみつけます。その音を自分のことばにして表して。ひとつの音でも言葉にするとおもしろい。同じ音を聴いても、それを表現するとみんな違うのですね。今日見つけたかっこいい音、素敵な音をみんなでシェアして、今度はその音を蓮沼さんが用意してくれた、いろいろなものの中から探してみます。
いろんな国の鈴や鐘、金具、木片、ロープ、落としてみたり、こすってみたり、自分のイメージとぴったりくる音を探します。みんなモノが出す音に耳をすまして、とっても集中して音を探し当てていました。
最後はみんなが持ち寄った音を合わせて、蓮沼さんの指揮で音鳴らしてみました。みんなのイメージを持ち寄って重ね合わせた音と音が楽しくおしゃべりしているような合奏になりました。
音という目に見えないものを探して、自分の感覚と向きあって創造したワークショップになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらをクリックするとワークショップで作った音が再生されます。

2022/08/18|アートスクール

8/6『親子でチクチク「背守り」を作ろう』下中 菜穂 / 造形作家 暮らしの手仕事・伝承行事研究 フォトレポート

着物の背中につけた小さな印。それが背守りです。私たちのご先祖さまたちは、よくないこと(病気や事故)は背中から入ってくると考えていました。背守りはそれらからこどもを守ってくれるものとして、こどもの健やかな成長への願いといっしょに、着物に縫い付けられてきました。
今日は、景丘の家の1Fサロンに旧暦のしつらえをご提案くださっている、伝承行事研究家下中さんに、背守りにこめられた意味、形の意味などを教えていただいて、好きな模様と色を選んで自分の背守りを作ります。
参加したこどもたち、お父さん、お母さんみんな無心でひと針ひと針形を作っていきました。
「無心で手を動かすことが、家族の無事を祈る時間になっているのかもしれないですね。」と下中さんのお話にみなさんうなずいていました。「お家に帰って、またやりたい!」の声。
ずーっと続いてきた、針と糸を使う手仕事と、命とともにつながれてきた、家族への愛情、命を大切に思う気持ちも教えていただいたアートスクールになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022/08/06|アートスクール

8/3『インドごはんを作ってみよう』富塚 紀子 / インドスリランカ料理教室「キッチンスタジオペイズリー」講師 フォトレポート

いろいろなスパイスを使って本格的なインドごはんにチャレンジしました。まずは、スパイスを煮出したスパイスティーで体をクールダウンして、スパイスについて、インドの食事や自然についてのお話を伺いました。
夏野菜がたっぷり入ったカレーは、スパイスをブレンドして、自分で辛さを調節して作ります。調理が進むにつれて、部屋はスパイスの良い香りでいっぱいです。
盛り付けは、バナナの葉を火で炙ってからタリー皿に乗せて、その上に料理を盛り付けました。インドの雰囲気たっぷりのごはんに、こどもたちもお父さんお母さんもうれしいそうです。冷たいバナナラッシーも添えて、おいしいインドご飯ができました。最後に先生からスパイスセットをプレゼントしていただきました。夏休みにお家で作ってみて、スパイス効果で夏を元気にすごしてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022/08/04|アートスクール