おしらせ

5/16『 影絵ワークショップ』川村亘平斎 / 影絵師・音楽家 フォトレポート

インドネシア共和国のバリ島で、伝統的な影絵人形芝居『ワヤン・クリット』伝統音楽『ガムラン』を学ばれて、世界各国、日本各地で音楽と影絵のパフォーマンスで活躍されている、川村亘平斎さんと影絵の奥深い世界を体験しました。
まずは川村さんのパフォーマンス。暗くなった室内にひかりに照らされた大きな手、足、音楽に合わせて踊る猿。影絵が大きくなったり、小さくなったり。迫力のパフォーマンスにみんな引き込まれて、拍手や笑いが起きました。
影絵の楽しさを体験した後は、自分の作りたい人形を作ります。黒い厚紙を切って、いろいろな色のセロファンで色をつけ、それぞれが工夫をこらして作りました。
ねこ、へび、かぶとむし、くわがた、しか、うさぎ、いろんな影絵人形ができあがりました。
最後はみんなで、作った人形を光で照らして、パフォーマンス!
暗闇の中で光と動きが作り出す、美しい影絵の世界を存分に体験した、すばらしい機会になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/05/16|アートスクール

2021/5/4『ブロックプリントで染めよう!』向井詩織 / ブロックプリンター フォトレポート

世界中を旅している間に、西インドにあるブロックプリントに魅せられて、
工房初の日本人職人となり、現在はブロックプリンターとしている向井詩織さん。
染色技法であるブロックプリントは現地では熟練の職人さんのお仕事で、
手彫りの木版を使って布にインクを押し付けていくインドの伝統工芸です。
「ブロックプリントってなあに?」からはじまった子どもたちも、
自分だけが作り出す色と形に魅せられているようでした。
はじめは躊躇していた色選びも、中盤以降は「次はこの色!」と発想が次々と!
インクをつけた木版や消しゴムを上からギューっとしっかり押さえて離してみると、
想像以上に綺麗なプリントについ声が漏れていました。
機械では出ることのない、インクの濃いところやかすれているところ、
ハンドメイドならではのあたたかさと個性あふれる作品ができあがりました!

2021/05/04|アートスクール