おしらせ

景丘の家 ボランティア募集のお知らせ

現在「景丘の家」では、ボランティアを募集しています。

ボランティアの仕事は、こどもたちと一緒に遊んだり、アクティビティを行ったり、
こども食堂で調理のサポートをすることなどです。

景丘の家で、こどもたちと一緒に楽しい時間を過ごしませんか?
ボランティアには、こどもたちと接するための経験やスキルは必要ではありません。
こどもと一緒に過ごすことが好き、料理をすることが好き。

こどもとの穏やかな関わりや食に興味のある方、
卓球が得意な方もお待ちしています!

募集を行っているのは下記の3枠です。

______________________________________

① 平日ボランティア
火曜日~金曜日の15:00~18:00のうち2時間以上

② 週末ボランティア
土曜日と日曜日の13:00~17:00のうち3時間以上
*第二日曜は休館

③こども食堂ボランティア
第三水曜日(こども食堂当日)16:30〜20:00 *要相談
*たくさんのご応募をいただきありがとうございました。
現在こども食堂ボランティアの募集はしておりません。

④フードパントリーボランティア
さまざまな事情で食品や日用品の入手が困難な方に対して、企業や団体などから物資の提供を受け、無料で食材を届ける活動です。
こちらの食材仕分けのボランティアを募集しております。
平日:13:00~17:00 *要相談

 

<内容>
こどもの見守り、卓球やカードゲームなどの相手、こども食堂の調理サポートなど

<場所>
「景丘の家」150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-5-15
開館時間:火曜~金曜 11:00~19:00、 土曜・日曜・祝日 10:00~18:00
休館日:月曜、第2日曜

アクセス:JR山手線「恵比寿」駅東口より徒歩5分、東京メトロ日比谷線「恵比寿」駅B1出口より徒歩8分
https://kageoka.com/

<その他>
交通費全額支給

______________________________________

ご興味がある方は、下記フォームよりご連絡ください。
後日担当者よりご連絡を差し上げます。

 

景丘の家について詳しくはこちら >>

2024/02/29|その他

【3Fおやこフロア】1時間ごとの入れ替え制とさせていただきます。

いつも、景丘の家をご利用いただきありがとうございます。

3Fのおやこフロアのご利用を1時間ごとの入れ替え制とさせていただきます。
ご来館後、1F受付にお越しいただき整理券でのご案内となります。

・当面の間は、渋谷区在住・在学の方のみのご利用とさせていただきます。

・人数を制限してご利用いただきます。混み合う際は、お待ちいただく場合がございます。

*フロアが混み合う場合や安全が確保できないと判断される場合、乳幼児のご利用を優先とさせていただき、幼稚園生とその保護者の方にはB1プレイフロア等のご利用をお願いする場合がございます。予めご了承ください。

お越しになる際は、WEB、SNS等の最新情報をご確認のうえご来館くださいませ。

2024/02/29|その他

【恵比寿映像祭 地域連携プログラム】
展示 『Photonic Life』藤本 直明 [ 2/2(金)~29(木)]

東京都写真美術館にて開催される『恵比寿映像祭2024』に、景丘の家は地域連携プログラムに参加します。

2022年イベント『景丘の家 SPECIAL MONTH』にて、展示をしてくださった藤本直明さんに、景丘の家のB1にあるレンガのようなブロック『レンブロック』を使用した作品を展示していただきます。いつもと違ったプレイフロアをお楽しみください。


 

『Photonic Life』藤本直明

光の生き物(photonic life)を表現した作品です。作品の空間に入ると、人や物が明るく照らされ、その光がまるで生き物のように動き出します。動き出した光たちは、あたかも独自の意志を持ち、周囲の環境と対話するかのように振る舞います。

日時|2024年2月2日(金)〜2月29日(木)

火–金 11:00–18:00/土日祝 10:00–17:00

会場|景丘の家 B1 プレイフロア

 


藤本直明 / 美術家
自然現象の物理モデルを基に独自のモデルを構築し、こどもから大人まで幅広く楽しめる体験型作品の制作などを行う美術家。代表作の《Immersive Shadow》シリーズは、国内外の美術館や建築物へのプロジェクションマッピングなどで80回以上の展示実績を持つ。東京工業大学理学部物理学科卒業。東京工芸大学 インタラクティブメディア学科 非常勤講師。
 

協力|レンブロック
レンガに憧れ木材から生まれたレンブロック。
廃古材・間伐材などの木材を有効活用することで環境に配慮し、
軽量かつシンプルに作られた、
どんな世代にも使いやすくお子様の成長やみなさまの暮らしに
楽しさをプラスするアイテムです。
https://renblock.jp/
 
協力|東京工芸大学インタラクティブメディア学科ソフトウェアデザイン研究室

 

***

恵比寿映像祭とは

恵比寿映像祭は、2009年の第1回開催以来、年に1度恵比寿の地で、展示、上映、ライヴ、パフォーマンス、トーク・セッションなどを複合的に行ってきた映像とアートの国際フェスティヴァルです。映像という言葉を限定的に用いるのではなく、映像をめぐる様々な選択肢に目をむけ、多様化する映像表現と映像受容の在り方を問い直し、発信を続けています。

地域連携プログラム

恵比寿近隣の地域で活躍するアートの担い手が総合テーマを共有して、それぞれの会場で選りすぐりの展覧会ほか多彩なイヴェントを開催します。加えて各施設をめぐるシールラリーを通じて、フェスティヴァルを楽しむきっかけをつくります。シールを集めると記念品がもらえます。ぜひご参加ください。
恵比寿映像祭2024 WEB|https://www.yebizo.com/jp/
東京都写真美術館|http://topmuseum.jp

 

 


2024/02/04|その他

【3/9 SPECIAL EVENT】特設サイト公開、申込開始のお知らせ

今年、景丘の家は5周年を迎えます。
3月9日(土)にみなさまに日頃の感謝を込めて『SPECIAL EVENT』を開催します。

本日より、「特設サイト公開」 & 「申込受付」を開始しました。
最新情報も随時公開しますので、ぜひご覧ください。

****

景丘の家 SPECIAL EVENTは、スタッフやアーティストのみなさんと作り上げる、特別な一日。
触れて、感じて、味わって、ハレの日を一緒に楽しみましょう。

いつも来てくださっているみなさんにも、はじめましてのみなさんにも、
楽しんでいただけるように、新しい発見をしていただけるように、

―― 日頃の感謝の気持ちを込めて

日時|
2024/3/9 (土)  10:00〜18:00
*未就学児のご利用には保護者の付き添いが必要です。
*イベント当日、3Fの通常のご利用はできません。

 

CONTENTS


申込受付期間: ★事前申込制★ 2024年 2/1日(木)11:00 ~ 2/15(木)19:00


INSTALLATION・B1
《うつしおみ》 MATHRAX〔久世祥三+坂本茉里子〕

 


★事前申込制★
MINI LIVE  & WORKSHOP
『明和電機のミニライブ』『「おかしな発想法」ワークショップ』 明和電機 / 芸術ユニット

 


FOOD・1F
『三色だんごの芋あん添え』『ゆずレモネード』 景丘の家

 


★事前申込制★
こどもバーテンダー募集!
イベント当日に、ドリンクを一緒につくってくれる『こどもバーテンダー』を募集します!

 

2024/02/04|スペシャルイベント

こどもが主役の2日間!「こどものお店 いろりカフェ」フォトレポート

こどもスタッフが調理も会計も接客もすべて手がける「こどものお店 いろりカフェ」にご来店いただき、ありがとうございました!!
たくさんのお客さまをお迎えし、無事に終了いたしました。

今回のカフェは、恵比寿という街の魅力を体感する「恵比寿文化祭」との連動企画。メイン会場の恵比寿ガーデンプレイスからほど近い景丘の家も、会場のひとつとして参加しました。

こどもスタッフとして活躍したのは、事前に応募してくれた小学生18名。前日準備を含む2日間にわたって様々な仕事に挑戦し、みたらしとあんこ2種類の手作り焼きだんごを提供しました。

1日目。初めて顔を合わせるこどもたち。
最初はちょっぴり緊張ぎみの表情も見られましたが、すぐに意気投合。すばらしいチームワークを発揮し、明日の本番に向けておだんごの生地をみんなで一生懸命にこねました。
明日の流れの説明を真剣に聞き、ドキドキとワクワクに包まれながらとても楽しそうに取り組む姿が素敵です。

そして迎えた当日。
眠そうな顔の子もちらほらと。お店やさんの朝は早起きです。
みんな時間通りに集まって、昨日こねておいた生地を今度はくるくると綺麗に丸めていきます。たっぷりのお湯で茹でたら、冷たい水にはなって冷まし、次は大事な作業の串刺しです。きちんとおだんごの真ん中に串を刺していきましょう!

おだんごの支度ができたら今度はお客さまを迎える準備もします。机や座布団をきれいに並べ、おだんごと一緒にお出しするお茶もたっぷりと。
開店準備ができたらとっておきの暖簾を出して、さぁいろりカフェの開店です。

お客さまの注文を聞きお代を頂いたら、調理チームに伝えます。串に刺したおだんごをいろりの炭火でこんがり焼いて、みたらしのたれやあんこをかけたら、配膳係さんがお客さまのもとにお運びします。

あらかじめ決めておいた役割だけでなく、自分から「お茶はいかがですか?」と積極的に声をかけ、「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」の元気な声もたくさん聞こえてきました。道ゆく人に呼び込みもしたりして、それぞれが自分なりに工夫をし、お互いに協力しながら、こどもスタッフみんなが立派に務め上げてくれました。

大勢のお客さまが途切れることなく来店されとっても忙しい1日となりましたが、皆さんを喜ばせたい!という思いで素晴らしい接客をしてくれたこどもたち。
素敵な笑顔と頑張る姿をたくさん見せてくれて、本当にありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2023/10/13|その他