おしらせ

5/19世界のごはんシリーズvol.24 フィリピン 「アドボ(フィリピン風角煮)、シニガンスープ(野菜スープ)」フォトレポート

景丘の家・こども食堂レシピ
こどもたちと作っているレシピです。ぜひおうちでつくってみてくださいね!

↓A4レシピ4枚(PDF)
下の画像をクリックすると表示されます。

5月 こども食堂 【フィリピン編】 レシピ2人分

アドボ

・鶏手羽元 6本

・ゆで卵 2個

・玉ねぎ 1/2個

・にんにく 1片

・ローリエ 1枚

・しょうゆ 50ml

・酢 60ml

・みりん 60ml

・砂糖 大さじ1/2

・水 2~3カップ

・油 少々

★卵は茹でて殻をむいておく

玉ねぎは薄切りにし、にんにくはみじん切りにする。

鍋に卵以外の材料を全部入れ、強火で煮立たせる。アクが出てくるので丁寧に取り、ひいてきたらゆで卵を入れ、蓋をして中火で煮込む。

途中、上下を返しながら煮込み、煮詰まり過ぎたらお湯を足す。

30分ほど煮込んだらできあがり。

☆30分ほど煮込めば味はしみますが1時間位煮ると身がホロホロとくずれるくらいになります。

シニガンスープ

・豚こま肉 50g

・トマト 1/2個

・玉ねぎ 1/2個

・オクラ 2本

・大根 4cm

・ほうれん草 1株

・ナス 1/2本 

・水 3カップ

・レモン汁 大さじ2

・ナンプラー 大さじ1

・塩 適宜

  1. トマトとナス・大根は乱切りに玉ねぎはスライスし、オクラとほうれん草も食べやすく切る。豚肉は大きければ切る。
  2. 鍋に水を入れ、玉ねぎ・トマト・豚肉を入れて火にかける。
  3. アクが出てきたら取り、大根を入れる。
  4. 大根に火が通ったら塩で味を整える。
  5. ナス・ほうれん草の順番に鍋に入れていく。
  6. すべての材料に火が通ったらナンプラーを入れ、最後にレモン汁を入れたらできあがり。

★レモン汁を入れた後はレモンの苦味が出てしまう為煮立たせないこと!!

 

 

5月になって、新しい学年や環境にもなれてきたこどもたちで、景丘の家もにぎわっています。自然も緑の色が日に日に濃くなって、晴れた日は日差しもまぶしく感じます。そんな季節にぴったり!今月はフィリピンのごはんを作りました。骨つきの鶏肉と卵をこっくりとした味付けに煮込んだアドボと、酸味がおいしいシニガンスープです。
酸味をつけるのに、フィリピンではタマリンドという豆を使いますが、今日は手に入りやすいレモン汁を代わりに使いました。最近は、スーパーでタマリンドを見かけることもあるので、探してみてくださいね。
出来上がったごはんをみんなでいっしょに、「いただきます!」「普段好き嫌いで食べないお肉を美味しそうに食べました!」
「作ってみたかったフィリピン料理が作れて嬉しいです、旅行に行った気分になりました。」「こどもと向き合い、楽しく料理ができました」など嬉しい言葉をきくことができました。今月も大地を守る会、ボランティアのみなさま、たくさんの方々のお力添えでこども食堂を開催することができました。心より感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022/05/19|景丘の家・こども食堂

4/20世界のごはんシリーズvol.23ギリシャ「ムール貝のリゾット・ギリシャ風」フォトレポート

景丘の家・こども食堂レシピ
こどもたちと作っているレシピです。ぜひおうちでつくってみてくださいね!

↓A4レシピ4枚(PDF)
下の画像をクリックすると表示されます。

ムール貝のリゾット

・米 1合(洗ってザルにあげておく)

・ムール貝 6個

・玉ねぎ 1/2個

・トマト 1/2個

・にんにく 2片

・白ワイン 50ml

・オリーブオイル 大さじ2

・塩 適宜

・水 300ml(調整用に分量外も必要な場合あり)

・フェンネル (飾り用)

★ムール貝はよくこすって洗い、足糸を取る。砂抜きが必要な場合は塩水につける。

  1. 玉ねぎとにんにくをみじん切りに、トマトは小さめの角切りにする。
  2. 鍋にムール貝と白ワインを入れ蓋をして強火にかける。殻が開いたら火から下ろし、すべて身を取り出す。
  3. 汁を漉して水とあわせておく。
  4. 2の鍋を洗わずにそのままそこへオリーブオイル、にんにく、玉ねぎ、トマトを入れ軽く炒める。
  5. 4にお米と3で用意した煮汁を加えお米が柔らかくなるまで煮込む。(途中水分がなくなってきたら水を足しながら調整する。焦がさないように注意!!)
  6. お米が柔らかくなったら4個分の殻なしムール貝を戻し軽く混ぜる。
  7. リゾットをお皿によそり、最後に殻付きのムール貝とフェンネルを飾ったら出来上がり。

フェタチーズのサラダ

・トマト 1/2個

・きゅうり 1/2本

・タコ 小さめのもの1本

・オリーブ 6粒

・ルッコラやベビーリーフ 適宜

・フェタチーズ 50g

【A】

・粒マスタード   小さじ1

・オリーブオイル 大さじ1

・レモン汁 小さじ1

・白ワインビネガー 小さじ1

・砂糖 小さじ1

  1. きゅうりは少し厚めの輪切りを更に半分に、トマト、フェタチーズは角切りにタコも同じくらいの大きさに切る。
  2. ボウルにAを入れよく混ぜたら、1で切ったものとオリーブを加え和える。
  3. お皿には野菜を準備し、2で和えたものを乗せたら出来上がり。

 

 

今月は青い空と海をイメージするような、ギリシャのごはんです。
トマトとにんにくをたっぷり入れた、ムール貝のリゾット。細長く、黒いムール貝をはじめて見て、はじめて食べるという子も何人もいました。日本のあさりやハマグリとは、味も形も色も違うね。
ギリシャのフェタチーズを使ったサラダにはタコを入れて、具材を和えるドレッシングも手作りします。
遠い国の初めて作るお料理も、こども食堂でみんなで作るのでとっても気軽に体験できますね。
リゾットのお味見で、おいしくてスプーンがとまらなくなってしまう子も。
こちらのテーブル、あちらのテーブルから「おいし〜い!」の声が。サラダのお野菜もモリモリと美味しそうに食べてくれました。
みんなの幸せな笑顔が見られて、今日も充実したこども食堂になりました。

今回も大地を守る会をはじめ、多くのみなさまのお力添えで開催することができました。心より感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022/04/20|景丘の家・こども食堂

3/17世界のごはんシリーズvol.22モロッコ「クスクスチキン煮込み・モロッカンサラダ」フォトレポート

景丘の家・こども食堂レシピ
こどもたちと作っているレシピです。ぜひおうちでつくってみてくださいね!

クスクス

・クスクス 100g
・水 100cc

・鶏もも肉 4切れ(一口大にしたもの)
・かぼちゃ 1/6個
・トマト 1/2個
・人参 1/3本
・玉ねぎ 1/2個
・芽キャベツ 4個
・ひよこ豆 50g
・イタリアンパセリ 1本
・塩 適宜
・ビーフコンソメ 1個
・オリーブオイル 大さじ2
・コリアンダー(パウダー)小さじ1
・ターメリック 小さじ1
・こしょう 適宜
・水 500cc

1. 鍋にオリーブオイルをひいて火にかけ、玉ねぎと鶏肉を炒める。
2. 玉ねぎがしんなりしてきたらビーフコンソメとトマトを入れて炒める。
3. ひよこ豆とターメリック・コリアンダーパウダー、塩を加え水を入れ20分くらい煮る。
4. 野菜を全て入れ、柔らかくなるまで煮込む。ここで味を整える。
5. 水(クスクス用)を沸かしボウルに入れたクスクスに加えよく混ぜラップをして蒸す。
6. 5分ほど経ったら塩を混ぜ合わせる。
7. お皿にクスクスを盛り付け4の煮汁をかける。
8. 野菜をクスクスの上に乗せ、残った煮汁もかけたらできあがり。

モロッカンサラダ

・紫玉ねぎ 1/4個
・トマト 1/2個
・ピーマン 1/2個
・黄パプリカ 1/4個
・イタリアンパセリ 2本
【A】
・オリーブオイル 大さじ2
・クミン 小さじ1
・塩 適宜

1. 全ての野菜を大きめなみじん切りにする。紫玉ねぎは塩をふってしばらくおいておく。
2. みじん切りにした野菜に【A】を入れ混ぜ合わせ、塩で味を整えたら出来上がり。

★混ぜてから冷蔵庫などで寝かせると良く味がなじむ。

3月を迎え景丘の家に来るこどもたちからも、卒業式や新しい学年の話を聞くようになりました。
もうすぐ新年度、あたらしい春をむかえますね。
今月はモロッコ料理です。ヨーロッパ、アフリカ、中東、アジア様々な文化が混ざり合う国です。
お料理のクスクスは材料はパスタと同じデュラム小麦で作られていて、世界最小のパスタともいわれています。お湯をかけて、数分蒸すだけで食べられるようになるのでとっても手軽です。
クスクスといっしょにチキンの煮込みを作りました。にんじん、かぼちゃなどゴロッと大きく切った野菜と旬の芽キャベツをいれてボリュームたっぷり。
モロッカンサラダは紫タマネギなど、色あざやかな野菜を細かく切って、ほんのりスパイスを効かせます。
大きな野菜もみんなとってもおいしそうに、おおきな口を開けて食べてくれました。
来年度も景丘の家・こども食堂『世界のごはんシリーズ』は続きます。

来月はギリシャ料理です。どうぞお楽しみに!

今回も大地を守る会をはじめ。たくさんの方々のお力添えで開催することができました。心より感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022/03/17|景丘の家・こども食堂

2/16世界のごはんシリーズvol.21香港「香港粥・蒸し鱈」フォトレポート

景丘の家・こども食堂レシピ
こどもたちと作っているレシピです。ぜひおうちでつくってみてくださいね!

2月 こども食堂 【香港編】 レシピ2人分

香港かゆ

・米 1/2カップ

・鶏がらスープ 2,5L

・ごま油  大さじ1

・塩 適宜

〈お好みの具〉

・蒸し鶏

・ザーサイ

・ねぎ(白髪ネギ)

・しょうが(千切り)

  1. お米は一度洗い、よく水気を切っておく。(1時間は必ず)
  2. 乾いたお米にごま油をふりかけよく混ぜる。(この時にお米を潰すように)
  3. 沸騰したガラスープの中に2のお米を入れボコボコしてくるまで沸かす。
  4. 沸騰したら弱火にし約1時間ほどコトコト煮る。(沸騰後は焦げやすいので焦げないようによくかき混ぜる。)
  5. 白濁してきたらお米のつぶつぶ感が無くなったら出来上がり。

蒸しタラ

・鱈の切り身 2切れ

・絹とうふ 1/2丁

・白菜 1/8カット

・春雨 80g(戻しておく)

・ねぎ  1/4本

・塩 少々

・こしょう 少々

・酒 大さじ1

・サラダ油 大さじ2

【醤油だれ】

・しょう油 大さじ2

・砂糖 大さじ2

・お湯 大さじ4

・オイスターソース 大さじ1

  1. タラに塩、こしょう、酒をふりかかけて揉み込み置いておく。
  2. 白菜は葉と茎に分け、葉はざく切り茎はそぎ切りにする。
  3. 絹とうふは4~6等分に切り、ねぎは半分にしてから斜めに薄く切る。
  4. 耐熱皿(少し深さのあるもの)に春雨→白菜・絹とうふ・タラをバランスよく並べ蒸し器にかける。(10分ほど蒸す)
  5. 蒸している間に醤油だれの材料を全て混ぜておく。
  6. 竹串でそれぞれの具材を刺してみて火が入っているか確認。
  7. やけどしないようにお皿を取り出しタレをかけてから切っておいたねぎをのせる。
  8. フライパンにサラダ油を入れ煙が出るくらい熱する。
  9. 最後に上から8の油をかけたら出来上がり。

↓A4レシピ5枚(PDF)
下の画像をクリックすると表示されます。

2月中ころになって陽射しには春を感じるようになりましたが、まだ寒い日が続いていますね。
今日のメニューは、お腹から温まる「香港粥と蒸し鱈」です。
ごま油の風味がほんのり香るお粥に、鶏肉、ザーサイ、ねぎ、生姜をのせて栄養たっぷりのお粥と、白菜、鱈など季節の食材で、本格的な味の香港料理。野菜の切り方で、火の通りや味の染み込みが良くなります。
参加したこどもたちは、こども用の包丁を使って白菜のそぎ切りにチャレンジ!
普段のお鍋に使う身近な食材で、熱々の鱈の蒸し物が出来上がりました。
たっぷりのお野菜を、もりもり食べる姿においしさが伝わってきました。
自分でお料理すると、とっても美味しく感じますね!
今回も大地を守る会をはじめ。たくさんの方々のお力添えで開催することができました。心より感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022/02/17|景丘の家・こども食堂

1/19世界のごはんシーリーズvol.20ペルー「ロモサルタード・ソパデキヌア」フォトレポート

景丘の家・こども食堂レシピ
こどもたちと作っているレシピです。ぜひおうちでつくってみてくださいね!

ロモ サルタード

・牛ヒレorロース肉 100g

・じゃがいも 大1個(フライドポテト用)

・紫玉ねぎ 1/2個

・パプリカ(赤)1/4個

・トマト 1/2個

・にんにく 1片

【A】

・酢 大さじ1

・しょう油 大さじ1

・砂糖 小さじ1

・赤ワイン 大さじ1

・塩 適宜

・こしょう 適宜

・クミン 少々

・オレガノ 大さじ1/2

・パセリ(飾り用) 適宜

・サラダ油(炒めと揚げ用として)

・ごはん 適宜

  1. にんにくをみじん切りにし、牛肉は1cm幅にじゃがいもは皮をむいて拍子切りにする。
  2. 紫玉ねぎは薄切りにし、トマトはくし切り、パプリカは1cm幅に切る。
  3. ボウルに牛肉とAを全部入れ、漬けておく。(漬けタレは捨てずにとっておく)
  4. じゃがいもは多めの油で素揚げし油を切る。
  5. フライパンに油を熱し強火で3を焼く。焼き色がついたら油を少し足して紫玉ねぎを加える。紫玉ねぎがしんなりしてきたらにんにくを加えさらに炒める。
  6. トマトとパプリカを加え、火を通す。
  7. 3の漬け汁をを加えて混ぜ、味が足りなければ塩で調整する。
  8. 器に盛ってご飯を添え、最後にパセリを飾ったら出来上がり。

 

ソパ デ キヌア

・いんげん 3本

・ブロッコリー 1/4株

・ミニトマト 6個

・玉ねぎ 1/4個

・にんじん 1/4本

・オリーブオイル 適宜

・にんにく 1片

・キヌア 1/4カップ

・水 2カップ

・塩 適宜

  1. にんにく、玉ねぎ、いんげん、ブロッコリー、にんじん、ミニトマトはすべてみじん切りにする。
  2. お鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ香りがするまで中火で炒める。
  3. にんにくの香りがしてきたら玉ねぎを加え炒め透き通ってきたらいんげんとブロッコリー、にんじんとミニトマトも加える。
  4. 全体に油がまわったら、水とキヌアを入れ煮る。
  5. キヌアが柔らかくなったら塩で味を整え出来上がり。

↓A4レシピ5枚(PDF)
下の画像をクリックすると表示されます。

明日は暦の上では大寒にあたり、一年で一番寒い季節です。
今日の景丘の家・こども食堂 「世界のごはんシリーズ」は、南米ペルーのお料理。
色とりどりの野菜をたくさん使ったメニューです。
牛肉と野菜を炒めた「ロモサルタート」は、じゃがいもフライドポテトにしてから使い、醤油、砂糖、酢で味付けした、親しみやすい味にオレガノを入れて風味を加えます。
キヌアを入れたスープ、「ソパデキヌア」もたくさんの野菜を細かく切って使います。味付けは塩だけで、野菜の甘みを引き出したやさしい味になりましたよ。
こどもたちは、野菜をできるだけ同じ大きさにそろえて、ていねいに切ってくれました。
色鮮やかに美味しそうに出来上がり、炊き立てのごはんと一緒にいただきます!
みんなとっても美味しそうに食べていました。
寒い冬も野菜をしっかり食べて元気ですごしたいですね。
今回も大地を守る会をはじめ。たくさんの方々のお力添えで開催することができました。心より感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022/01/19|景丘の家・こども食堂