おしらせ

10月16日「景丘の家・こども食堂」フォトレポート

景丘の家・こども食堂は、みんなで作って、みんなでいただく食堂です。
秋の気配が深まる10月は季節の変わり目を感じる献立です。夏の間、景丘の家の庭で元気に育った、バジルを使ったバジルソースのサラダ。りんごの季節のはじめに出回る真っ赤な紅玉を使った、アップルクラフティ。体が温まるポトフ、旬の野菜フリットです。すぎていく季節の思い出と、これからやってくる季節を楽しみにしながら、みんなで囲炉裏を囲みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/10/18|景丘の家・こども食堂

9月18日 「景丘の家・こども食堂」フォトレポート

9月になって、晴れの日は空が高く見えるようになりました。
今月はとっても珍しい三毛門南瓜を使って、だご汁を作りました。三毛門南瓜は450年も前に日本にやってきた、古来種のかぼちゃで、日本で食べられているかぼちゃのご先祖さまです。大きなかぼちゃはどんな味がするのかな?
だご汁は九州地方で食べられている、いろいろな野菜がはいった汁物に、小麦粉の団子を入れたもの。
鶏むね肉の生姜焼きと、鶏皮入りの千切りサラダ、卯の花、ちくわの磯辺揚げの献立です。そしてデザートには、手作りできたてのアイスクリーム!今回もたくさんの方のおかげで、みんなで美味しく楽しいご飯ができました。ありがとうございます。

三毛門南瓜450年前にポルトガルからはじめて日本に伝わった南瓜。今でも大切に作り続けられています。

 

大きなかぼちゃを小さく切り分けます。

 

豆もやしのヒゲ(根)を一本一本取り除いて、きれいにします。たくさんあるので、大変!

 

 

 

 

 

 

 

 

卵と牛乳、クリーム、砂糖をよく混ぜて、アイスクリーム液を作ります。

塩と氷を混ぜたものを大きな鍋に入れて、その中でアイスクリーム液を凍らせます。塩で氷がどんどんとけるので、その時にまわりのものの熱を奪います。そうするとお鍋の中はマイナスの温度になって、アイスクリーム液がどんどん固まります。うまくできるか、楽しみ!!!

 

 

 

おいしくできました!

 

 

 

 

 

みんなで美味しくいただきましょう!

 

 

 

 

大きな鍋をゆらして、氷とアイククリーム液を動かします。

固まりだしたアイスクリーム液をぐるぐる混ぜると、トロ~リできたてのアイスクリームができました!!!

 

 

 

 

 

 

 

2019/09/19|景丘の家・こども食堂

8月21日「景丘の家・こども食堂」フォトレポート

夏の日差しをたくさん浴びて、元気にそだった夏野菜。
8月は、いろとりどり、かごいっぱいの野菜を使った献立です。
先日、千葉のクルックフィールズさんから届いた、冬瓜を使って冬瓜と鶏肉のスープ。
かぼちゃのペーストとクリームチーズを包んだ、三角春巻き。
ひき肉を野菜に詰めてオーブンで焼いた、トマトとナスのファルシ。
モロヘイヤ、カラーピーマン、ズッキーニ、きゅうり、オクラ、舞茸が入った そーめんと夏野菜の和え物。
そして、甘いとうもろこしがたっぷり入った、とうもろこしごはん。
食後は、かき氷です。
いろとりどりの野菜は、目にもおいしく元気が出てきます。野菜を切って、春巻きを巻いて、
味付けをして和えて。
みんなで協力しておいしいごはんができました。
今月もたくさんのボランティアさんにお手伝いいただいて、楽しく食卓を囲むことができました。
ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/08/22|景丘の家・こども食堂

7月17日「景丘の家・こども食堂」フォトレポート

7月は。沖縄から田芋や南国のフルーツが届いて、沖縄料理を作りました。
豚肉やお麩、緑黄色野菜たっぷりの沖縄料理で、スタミナをつけて元気に過ごせるといいですね。汁物は、新鮮なお魚のあらを使ったアラ汁。旨味たっぷりです。
今年はまだ梅雨があけていませんが、こども食堂の日は、久しぶりにお日様が顔を出してくれました。
デザートには、みんなが楽しみにしていたかき氷。練乳、パイナップルソースを手作りして、おいしいかき氷です。大きな板氷を削るのは、とっても力がいります。6年生と高校生の男の子が、かき氷係をしてくれました。おいしさに、2杯、3杯とおかわりするこどもが続出。みんなおなかが冷えなかったかな?
調理、配膳、食事、片付けとみんなで協力して、たくさんの笑顔と会話が弾む、こども食堂になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/07/18|景丘の家・こども食堂

6月19日「景丘の家・こども食堂」フォトレポート

景丘の家・こども食堂では、みんなでつくって、みんなでいただく食堂です。こどもたちは、調理から配膳まで大人といっしょに台所仕事をします。
今月は、2種類の巻き寿司、野菜のチャプチェ、ローストポテト、古来種のお野菜赤カンバの漬物と葉ごぼうのきんぴら、豆腐とおかひじきの味噌汁、野菜たっぷりの献立です。食事をつくるのには、たくさんの工程があります。いろんな体験をこどもと大人がいっしょにして、楽しくつくって楽しくいっしょにいただく。景丘の家のこども食堂です。

今回も新鮮な野菜がたくさん届きました。

福井県から届いた古来種の「アカカンバ」、塩もみをして甘酢漬けと麹漬けにしていただきます。

巻き寿司の具材は、ひとつは、アスパラガスと牛肉と大葉。
もうひとつは、ハラスと卵ときゅうりです。具材を炒めて、切って、海苔にごはんと具材をのせて、巻きすを使って海苔巻きを作ります。

1階では、囲炉裏に火を入れて料理が出来上がるのにそなえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつお節を鰹節削りで削りました。はじめての体験に、みんな真剣です。

削りたては美味しさ格別!

 

 

 

 

さあ、囲炉裏のまわりに集まってみんなでおいしくいただきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回もたくさんの方のご協力で、心あたたまるこども食堂になりました。

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/06/21|景丘の家・こども食堂