おしらせ

7/21世界のごはんシリーズvol.14 オーストリア「「ウィンナーシュニッツェル(カツレツ)グリースクヌーデル(セモリナ粉のお団子スープ)」

夏の青い空が広がって、毎日暑い日が続きますね。今月はオーストリアのご飯です。
牛肉をたたいて薄く伸ばして、パン粉をつけて香ばしく揚げる「ウィンナーシュニッツェル」とパスタなどの材料になるセモリナ粉をお団子にしてスープに入れる「グリースクヌーデル」を作りました。セモリナ粉のお団子を形作るのをレシピ動画ではスプーンを使って形を作りましたが、こどもたちと一緒に作るオンラインでは手を使ってラクビーボール型のお団子を作りました。野菜を切る、肉をたたいて伸ばす、衣を付ける、油であげる、お団子を作る、スープを作る などたくさんの工程があるお料理でしたが、みんなとても上手にできました。
お野菜、お肉、たくさん食べて夏を元気に過ごせたらいいですね!
今回も大地を守る会をはじめ、たくさんの方々のご協力によって景丘の家・こども食堂を開催することができました。みなさまに心より感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

景丘の家・こども食堂レシピ
こどもたちと作っているレシピです。ぜひおうちでつくってみてくださいね!

7月 こども食堂 【オーストリア編】 レシピ 2人分

ウインナーシュニッツェル(牛肉のカツレツ)

・牛のモモ肉(1人分100g ) 2枚
・卵 1個
・パン粉 40g
・サラダ油 150g
・仕上げバター 50g
・薄力粉 適宜
・塩、コショウ 少々
・レモン(1人 1/8個) 1/4個
・添える生野菜(レタスやベビーリーフなど)
・じゃがいも(メークイン) 1個

1. 牛肉は包丁でスジを切り、肉たたき(綿棒などで代用可)で更に薄く延ばす。
2. 塩・コショウをして小麦粉・卵・パン粉の順で衣をつける。
3. フライパンにお肉が浸る程度の油を入れ軽く熱したら1.を並べ、フライパンを動かしながら両面に焼き色をつける。
4. 両面にきれいな焼き色がついたら、余分な油を捨て、バターを落とし軽く焦がしたバターの香ばしさを両面にしみ込ませながら焼く。
5. お皿に付け合わせのじゃがいも・生野菜とお肉を盛りつけ、レモンを添えて出来上がり。

グリースク ヌーデル

・バター 12g
・卵 大さじ1(衣用に溶いたものから)
・セモリナ粉 25g
・塩 適宜
・塩 (クヌーデル茹で用) 適宜
・チキンスープ 適宜
・にんじん 1/4本
・玉ねぎ 1/6個
・スナップえんどう 2枚(飾り用)

1. バター・卵・セモリナ粉・塩を混ぜ、20分ほど休ませる。
2. 鍋に水と塩を入れて沸騰させ、スプーンで型どった団子状のものを湯に落とし5分ほど茹でる。
3. その後、15分くらい火を消してそのままにしておくと中まで火が通る。
4. 玉ねぎとにんじんは薄くスライスしチキンスープを入れて煮る。
5. 出来上がったクヌーデル(団子)をスープに加える。
6. 最後に塩茹でしたスナップえんどうを飾って出来上がり。

★パンやご飯と一緒に召し上がって下さい。

↓A4レシピ3枚(PDF)
下の画像をクリックすると表示されます。

2021/07/22|景丘の家・こども食堂