おしらせ

5/15「景丘の家・こども食堂」つくねと田楽の串焼き、長芋のすり流し、夏野菜の揚げ浸し、よもぎ団子ほか

5月の献立は、つくねと田楽の串焼き、長芋のすり流し、夏野菜の揚げ浸し、かまどご飯に、梅味噌、山菜のお浸し、そら豆の囲炉裏やきなど。摘みたてのよもぎをすりつぶして作るよもぎ団子も!
お手伝いの方もたくさん駆けつけてくださって、今回もちいさな子から大人まで、みんなで調理をしてか、囲炉裏を囲む、楽しく賑やかな時間となりました。
ちいさなお子さんからは「こんなにお手伝いができてうれしかったです」、お母さんからは「すばらしいひと時でした。みんなでお食事、みんなで作る楽しみ、みんなが笑顔なことは大切ですね」との声も寄せられました。
いろんな人が集まって「おいしいねえ〜。」といっしょにごはんをいただく、それは大きな家族のようで、とても温かく幸せな気持ちになりました。
レシピはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

景丘の家・こども食堂レシピ

こどもたちと作っているレシピです。ぜひおうちでつくってみてくださいね!

 

『つくねと田楽の串焼き』

 

【材料】(1人串2本分)

《具材1》つくね(8個分)
・鶏ひき肉 130g
・たまねぎ 30g
・卵黄 1個

・酒 小さじ1/2
・しょうゆ 小さじ1/3
・みりん 小さじ1/3
・かたくり粉 大さじ1/3
・サラダ油 適量

~甘辛だれ~
・しょうゆ 小さじ2
・みりん 小さじ2

《具材2》揚げ出し豆腐(4個分)
・木綿豆腐 1/3丁
・薄力粉 大さじ2
・コーンスターチ 大さじ1
・揚げ油 適量

《具材3》田楽(4個分)
・こんにゃく 1/3袋
・だし汁(昆布だしなど) 適量

《具材4》ウズラの卵(4個分)
・ウズラの卵 4個

 

【作り方】
《具材1》つくね
① 鶏ひき肉の約半量と酒小さじ1/4はフライパンに入れ、菜箸でほぐしてから中火にかける
菜箸で混ぜながら、肉の色が変わり、ぽろぽろになるまでほぐしながら炒める

② ①のひき肉をバットに移してさまし、その間にたまねぎは粗いみじん切りにし、甘辛だれの材料は小さめのボールに混ぜ合わせておく
ボールに残りのひき肉と酒を入れ、卵黄、かたくり粉、しょうゆ、みりんを加え、よく混ぜ合わせる
さらに、炒めたひき肉、たまねぎを順に加えて全体によくなじませ、タネを作る

③ タネをラグビーボール状にまとめる
フライパンを熱してサラダ油を薄くひき、間隔をあけてタネを並べ入れる
指の腹でタネをかるく押さえてやや平らにし、焼き色がつくまで焼いて、裏返す

④ 裏側を2分ほど焼いたところで甘辛だれを回し入れる
たれが全体によくからむようフライパンを時々揺すり、たれに少しとろみがついて、照りが出たらできあがり

《具材2》揚げだし豆腐
① 豆腐をキッチンペーパー2枚で包んで30分ほど置いておく

② 水気を取った豆腐を、4等分に切り分ける

③揚げ衣を作る
薄力粉とコーンスターチをボウルで混ぜ合わせたら、バットに移す

④ 切り分けた豆腐を、バットの揚げ衣をひとつひとつまぶしていく
*揚げ衣をまぶした豆腐はくっつきやすいので注意する

⑤ 160℃の揚げ油で豆腐を揚げる
2分ほどして豆腐がきつね色になり少し浮いてきたら、バットにあげる
*揚げ油の温度が高いと、はねるので注意する

《具材3》田楽
① こんにゃくを三角形の4等分に切り、包丁で薄くスジを入れる

② 熱湯でさっと下ゆでしてから、だし汁にこんにゃくを入れて火にかけ、煮立ったら弱火にし、味を含ませておく

③ 食べる前に汁けをきっておく

《具材4》ウズラの卵
① 2分程度、茹でてから水に浸けておき、殻を剥く

※具材1~4をお好みで串に刺してお楽しみください

 

『夏野菜の揚げ浸し』

 

【材料】(4人分)
・にんじん 1/2本
・ごぼう 1/2本
・なす 小1本
・しいたけ 20g
・かぼちゃ 200g
・パプリカ(あれば) 20g
・アスパラ(あれば) 20g
・しょうが 適量

《めんつゆ》(約500ml分)
・かつお節(だし用) 20g
・昆布(だし用) 8~10cm角1枚
・しょうゆ 1カップ
・みりん 1カップ
・酒 1/2カップ

【作り方】
① 全て食べやすい大きさに切り(ごぼうは斜め切りしてアク抜きする、にんじん、アスパラは皮を剥く)、素揚げする

②めんつゆをかける(めんつゆは適当な濃さに薄める)

③すりおろしたしょうがも入れて和える

《めんつゆ》
① 鍋に全ての材料を入れ、ひと晩置く

② 鍋を弱めの中火にかけ、5分ほど煮る
(沸騰させると昆布から苦味が出るので気をつける)

③火を止めて冷まし、ざるにペーパータオルを敷いて濾す。最後に水分をしっかり絞る

※冷蔵庫で約1ヶ月間保存可能

 

『長芋のすり流し』

 

【材料】(4人分)
・長芋 300g
・だし汁(昆布だしなど) 1000ml
・みそ 60g
・アオサ 20g

【作り方】

① だし汁を作っておく

② 味噌を溶き入れておく

③ 長芋は皮を剥き、酢水につけてアク抜きをしておく

④ 長芋をすりおろし、だし汁を中火にかけ煮立ったら長芋を入れ、すぐ火を止め、お椀によそってからアオサを入れる

 

『よもぎ団子』

【材料】(8個分)
《もち》
・よもぎの葉っぱ(茹でて刻んだもの) 20g
・上新粉 80g
・砂糖 10g
・お湯 60cc

《餡》
・小豆 30g
・上白糖 30~40g
・塩 適量

※餡は前日などに仕上げておく

【作り方】

① 餡は小豆を煮て、水分をとばし、事前に冷蔵庫で冷やし硬くしておく

② 上新粉と砂糖を混ぜ、お湯を入れてよく混ぜる

③ 生地がまとまったら、ピンポン玉大に丸める(きれいな丸でなくてよい)

④ 蒸し器に入れ、30分蒸す。もち生地がやわらかくなったら、蒸し器から出してボールに入れる

⑤ 熱いうちに棒でつく。
この時しっかり強く、間を空けず、手に水をつけて混ぜながら、ひたすらつく

⑥ つきながら、よもぎを混ぜる
よもぎが均等に混ざるように、ついて、こねてを繰り返す

⑦ もちが柔らかく弾力がでてきたら、ひとつのボールの生地を8等分に分ける
手に水をつけて、もちを丸めて、平らにのばし、真ん中に餡を入れて包む

餡を包むのが難しい小さなお子さんは、串団子にする

⑧ 団子状に丸めてできあがり
串団子にした場合は、後から餡をのせる

2019/05/16|景丘の家・こども食堂