おしらせ

12/20『おんぶ宝亀のお正月飾り』綯屋-naiya- / 横畠梨絵  フォトレポート

今年最後のアートスクールは、縁起物のおんぶ宝亀のお正月飾りを作りました。
材料になる藁は、講師の横畠さんが無農薬で育てた稲で、稲穂が出てお米が成熟する前に刈り取って、日陰で丁寧に乾燥させたものです。
まだ青々とした色と、新鮮な草の香りがする藁を丁寧に仕分けして、さあ親子亀を作りましょう。
最初は自然の素材に苦心していたこどもたちも、コツを覚えて熱中して作っていました。
小さな子亀をいくつも作ったり、尻尾をふさふさにしたり、工夫をしてどれも愛らしい姿ですね。
藁を束たり、紐を結んだり、日本で昔から続いてきた手作業を親子で体験して、新年のお飾りができました。
お部屋に飾って、新しい年をお迎えください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020/12/20|アートスクール

12/19『冬のからだをととのえる、スープと土鍋ごはんを作りましょう』鈴木愛 /「冬草」主宰 フォトレポート

 

今週になって、冬本番の寒さになってきましたね。霜柱ができたり、氷がはったり、寒い朝は吐く息が白く見えます。
今日は寒い冬に備えて、からだをととのえる白い冬野菜のスープと、かぼちゃの炊き込みご飯を作りました。
旬の野菜は、その時々の体に必要な働きをしてくれること、昔ながらの作り方でシンプルな原料で時間をかけて作られた調味料も体を整えてくれることなど、食材と体のお話を聞きながら、弱火でじっくり火を入れてスープを作りました。
野菜の美味しさが引き出された、やさしく体を温めてくれるスープができました。
かぼちゃは古くから馴染みのある野菜で夏に収穫されますが、長く保存ができるので、野菜の少ない冬までとっておいて食べたそうです。一年で太陽が出ている時間が最も短い冬至にも、かぼちゃを食べますね。
日が出ている時間が短い冬は、春に向けてエネルギーを蓄える季節。
ゆったりのんびりすごして、温かいものを食べて、たくさん眠って、元気に過ごしたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020/12/19|アートスクール

2月は『SPECIAL MONTH』開催!

年に一度の特別企画、今年は2月に丸々ひと月かけて行います。
インスタレーション形式で、いつでも見たり、聞いたり、作ったり、感じることのできる特別な1ヶ月間。どうぞゆっくり遊びにいらしてください。

開催期間
2021年2月2日(火)〜 2021年2月28日(日)

 

各プログラム、詳細については改めてHP、SNS等でお知らせいたします。
お楽しみに!

2020/12/17|スペシャルイベント

12/16世界のごはんシリーズvol.7フランス「鶏もも肉のコンフィ、サラダ・ニソワーズ、ガトー・インビジブル」フォトレポート

12月になって今年最後のこども食堂は、クリスマスメニューです。
骨付きの鶏もも肉をオリーブオイルやハーブでマリネにし、炊飯器に入れて時間をかけて低温加熱したものを、最後にカリッと焼き目をつけて仕上げます。お肉に添えるのは、色とりどりの具材を乗せた、ニース風サラダ。
デザートは、リンゴを何層にも重ねて焼いた、ガトー・インビジブル。
鶏もも肉のコンフィは、前日にマリネして加熱した状態にしておけば、食べる直前に焼いて仕上げるのであっという間に食卓に出すことができます。
下ごしらえをしておけば、みんなが揃ってから仕上げをして、いつもより少し華やいだメニューが簡単にできます。
レシピを公開しているので、是非試してみてくださいね。
今回も食材を提供していただいている「大地を守る会」をはじめ、多くの方々の支えていただき、こども食堂を開催することができました。心より感謝申し上げます。
来年も世界のごはんシリーズで、オンラインこども食堂として開催しますので、どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

景丘の家・こども食堂レシピ
こどもたちと作っているレシピです。ぜひおうちでつくってみてくださいね!

12月 こども食堂 【フランス編】 レシピ 2人分

 

鶏もも肉のコンフィ

 

・骨付き鶏もも肉 2本
・塩 小さじ2強
・きび砂糖 小さじ1/2
・にんにく 適量
・ブラックペッパー 適量
・ローズマリーの枝 1本(あれば)
・ディジョンマスタード 大さじ1
・タイム 2本
・ローリエ 2枚
・オリーブオイル 200ml

 

  1. 鶏もも肉の両面に塩・キビ砂糖をまんべんなく振り、揉みこんだら1本ずつラップをして1時間ほど冷蔵庫で寝かせる。(お肉に対してやや多めの塩を振って味付ける。きび砂糖はお肉をしっとりさせる為)
  2. ジップロック(フリーザーバッグ)又は熱の強いビニール袋などに1の鶏もも肉と残りの調味料を全部入れ更に揉み込み、空気を出来るだけ抜きながら口を閉める。冷蔵庫に入れ半日から一晩ほど寝かせて味を染み込ませる。(ジップロックに入れる前に水分が出ていたら調味料を入れる前にキッチンペーパーで軽く拭き取る)
  3. 半日から一晩ほど寝かせた鳥もも肉をフリーザーバッグに入れたまま、炊飯器に入れて(袋の口を上にしておく)、沸騰する手前で止めたお湯を2が十分浸るまでたっぷりと注ぐ。
  4. 保温モードにして、3時間ほどそのままにする。
  5. フリーザーバッグから肉を取り出し、フライパンに移す。
    火を点け弱火で3分くらいまたはこんがりするまで皮目を焼く。

(せっかく低温調理をしたので、この時に熱を通しすぎないように皮目がパリッとするくらいに)

★お好みでマスタード(分量外)などを添えて

 

サラダ・ニソワーズ

 

・じゃがいも(メークイン) 1個
・いんげん 4本
・トマト 1/2個
・ゆで卵 2個
・ブラックオリーブ 4個(種無し)
・アンチョビ 2枚
・ツナ 30g
・葉物野菜(サニーレタス、ルッコラなど好きなもの) 適量

  1. じゃがいもを皮つきのまま水から茹で、皮をむき輪切りにする。
  2. インゲンは塩茹でし、冷水にさらす。冷めたら水気を切って食べやすい長さに切る。
  3. トマトは4等分にしたものを更に半分に切る。
  4. ゆで卵は固茹でをし薄切りにする。
  5. 器にちぎった葉もの野菜を盛り、下準備しておいた野菜も彩りよく飾る。
  6. 最後にツナ、アンチョビ、オリーブ、スライスしたゆで卵を並べて出来上がり。

 

ドレッシング (ビネグレットソース)

 

・ディジョンマスタード 小さじ1
・白ワインビネガー 大さじ2
・塩 小さじ1
・こしょう 適宜
・オリーブオイル 100ml

  1. オリーブオイル以外の材料を全て混ぜる
  2. 全体がなじんできたら少しずつオリーブオイルを加えて混ぜ、味を整えたら出来上がり。

 

 

ガトー・インビジブル(パウンド型25cm)

 

・りんご 2個
・卵 1個(60g)
・グラニュー糖 30g
・薄力粉 40g
・塩 少々
・ココア 大さじ1
・生クリーム 40g(乳脂肪35%)
・溶かしバター(食塩不使用) 15g
・チョコチップ 20g
・ラズベリー 100g(冷凍)

1.ボウルに卵を割りほぐす。

2.グラニュー糖と塩を加え混ぜる。

3.ココアと薄力粉を一緒にふるい、2に混ぜる。

4.牛乳、溶かしバターを順に入れその都度均一になるまで混ぜ合わせる。

5.りんごをあればスライサーで薄くスライスする。

(色が茶褐色に変色してしまうのを防ぐために直前にスライスする。)

5のりんごと4の生地を合わせ、できるだけりんごが崩れないように、かつ1枚1枚のりんごに生地がきちんと絡むように優しく混ぜる。

半量分のりんごを型に隙間なく並べ、りんごの上にまんべんなくラズベリーとチョコチップを乗せる。もう半分のりんごを入れ、最後に余った生地も流し入れる。りんごを一気に流し入れると折れ曲がった部分に空洞ができたり、りんごの入っていない部分ができたりして綺麗な層ができないので、できればお箸などで丁寧に並べていくのが良い。

仕上げに皮のついたままのスライスりんごを一番上にきれいに並べて焼く。(170℃50〜60分)
粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、好きに大きさにカットする。

※食べる時に生クリームを添えると良い

 

↓A4レシピ3枚(PDF)
下の画像をクリックすると表示されます。

<

2020/12/16|景丘の家・こども食堂

12/6『ずっと飾れる小さなリースを作ろう』若井ちえみ / duft オーナー兼フローリスト フォトレポート

12月になってクリスマスが待ち遠しい季節ですね。今日はずっと長く飾れるリース作りを教えていただきました。
ヒバや様々な針葉樹、ミモザ、ローズヒップの赤い実、ツヤツヤとした葉っぱ、たくさんの植物を使って作ります。
お部屋の中は、植物の清々しい香りでいっぱいです。
ワイヤーを使い植物をベースに固定していく方法を、こどもたちはすぐにコツを覚えて、どんどん自分のイメージで形にしていきます。
講師の若井ちえみさんも「素敵だね!」「きれいにできてる!」とこどもたちの作品に驚かれていました。
手作りのオリジナルリースを飾って、素敵な12月になりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020/12/06|アートスクール