おしらせ

3月28日『書楽家時間「でっかく書こう!墨!筆!紙!」』安田有吾/書楽家 フォトレポート

3月28日木曜日、書楽家の安田有吾さんのアートスクールが開催されました。

目を閉じて書いたり、さかさまにかいたり、真面目なイメージの書が面白く楽しくなります。春休みの平日、子どもと大人がいっしょになって、書を楽しみました。

講座の終わりには、参加者みんなで巨大な書の作品を作り、作品の迫力と、書に集中した時間にみんな大満足の笑顔でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/03/29|アートスクール

3/31(日)B1プレイフロアは終日ご利用いただけません

3/31(日)B1プレイフロアは終日ご利用いただけません。

小中高生のみなさんは、1Fサロン、2Fこどもテーブルをご利用いただけます。

B2スタジオもレンタルの予約がなければご利用いただけます。

ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

2019/03/29|その他

【受付終了】ウミガメ人生ゲームで、ミッション・ウミガメ・レスキュー! ~ココリコ田中さんといっしょに、ウミガメの一生を体験しよう!~

 

 

かつては1兆匹もいたといわれるウミガメ。青い海を悠々と泳ぐ姿が美しいウミガメは、実はいま大きく数を減らしている。漁業の網に引っかかってしまったり、産卵のための砂浜が人間による開発でなくなってしまったり、海に大量に漂うプラスチックごみを誤って食べてしまったりするのが主な原因だが、いまだウミガメやその卵を食べる文化もある。

ナショナル ジオグラフィック キッズの本『ミッション・ウミガメ・レスキュー』のレスキュー隊長ココリコ田中さんから、ウミガメが直面している危機について学ぼう。でも、お話を聞くだけじゃ、ウミガメのたいへんさはわからない。こうらを背負い、ひれをつけて、ウミガメになりきってみよう。そして、網やプラスチックごみでいっぱいの海で生きのびるたいへんさを、ウミガメ人生ゲームを通して体験してみよう――ウミガメを守るために!

日時:3月31日(日)13:30~15:30(13:20受付)
場所:景丘の家 B1F
年齢:小学校3年生から6年生(2019年4月度で中1の子もOK)
料金:無料
人数:5名

共同主催:ココリコ田中直樹(ナショナル ジオグラフィック キッズ書籍『ミッション・ウミガメ・レスキュー』レスキュー隊長)/株式会社ハーパーコリンズ・ジャパン

企画/会場デザイン:すまあみ(壁画ペインター)

受付は終了しました

3/31(日)10:0018:00までB1使用のため、終日B1のご利用はできません。

 

 

 

 

 

 

『ミッション・トラ・レスキュー』より

2019/03/22|スペシャルイベント

3月17日『無口な美食家とおしゃべりな執事たち』FUTURE LIFEFACTORY&スマイルズ フォトレポート

景丘の家で使う、オーブンやホットプレートをご寄付くださったパナソニックさんと、スマイルズさんがコラボしたお料理のイベントが開催されました。美食家の夢に出てきた料理をみんなで推理して絵にして、それをシェフが実際に作ってくれるという贅沢で、楽しい料理がたくさん並びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界でここだけの料理に美食家も参加者のみなさんも大満足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/03/17|アートスクール

3月16日『いちごのパブロバをつくろう!』飯塚有紀子/料理研究家 フォトレポート。

3月16日土曜日景丘の家全館オープンの今日、2Fのこどもテーブルにて、飯塚有紀子さんのアートスクールが開催されました。3月から5月のはじめが旬という いちごを使って、目にもかわいいお菓子を作りました。
パブロアバはレーリーナーのお名前で、このお菓子はバレーのチュチュをイメージした軽やかな、メレンゲと生クリーム、フレッシュフルーツを使うお菓子です。
まずは、先生のデモンストレーションを見てから、それぞれのテーブルに分かれて作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メレンゲが焼けて、冷めるのを待つ間に、いちごのムースも作りました。

 

 

仕上げにメレンゲと生クリーム、いちごのソースを重ねてできあがります。

みんなきれいに美味しくできました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/03/17|アートスクール