おしらせ

12月7日『フレームにペーパーコードを張ってみよう!』カール・ハンセン&サン フォトレポート

今回は、神宮前にあるカール・ハンセン&サン フラッグシップ・ストア東京に伺って、職人さんから直接教えていただく、特別なワークショップです。
クリスマスの季節、もみの木が飾られた上質でシンプルなデザインの家具が並んだ店内は、ゆったりとした空気が流れています。
ペーパーコードとは、もともとは藁などを束ねるためなどに使われていた、紙で作られたロープです。
それをデンマークのデザイナー ハンスJ.ウェグナーが椅子の座面に使用しました。1950年に発表されたこの椅子はYチェアとよばれ、世界中で何世代にも渡り愛用されています。
ワークショップでは、専属の職人さんから、Yチェアの座面と同じ方法を教えていただきました。コードを張るフレームは、家具を作る時に出た端材を使って、ハンドメイドでこのワークショップのために作ってくださったものです。
本物の素材と技術を教えていただいたこどもたちは、集中してコード張りに取り組みました。実際の椅子にも張らせていただきて、まるで小さな職人さんのようです。
自然の素材を大切に使い、手仕事によるものづくりに触れさせていただいた大変貴重な機会になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/12/12|アートスクール

11月23日『献立スロットマシンDIY教室』(Oisix presents お土産付き無料イベント)フォトレポート

11月23日、今日は勤労感謝の日です。今日は『景丘の家・こども食堂』に食材をご提供くださっている、オイシックス・ラ・大地さんの企画で、いつもがんばってくれているお母さん、お父さんに感謝を伝えるイベントを開催しました。
毎日の献立作りに悩んでいるお母さんを見て、小学5年生の男の子が発明した『献立スロットマシーン』。発明した男の子ご本人も来てくれて、作り方を教えてもらいながら、今日はみんなで作ります。「メニューは自分の好きなものを入れるといいよ。」「苦手なものもいれてみよう。」など工夫をしながら、楽しく仕上げました。最後は感謝の言葉を書いて、お父さん、お母さんにプレゼントしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/11/23|アートスクール

11月17日『Spiral Table – いのちのつながりをお祝いしよう – 』Spiral Club/オープンコミュニティ フォトレポート2

今日も朝から快晴!スパイラルクラブ、アートスクールの2日目です。スパイラルクラブは、「サスティナビリティーが普通な社会を目指す!』をテーマに活動するオープンコミニュニティーです。
今日も食のワークショップでは、畑で野菜を収穫するところから始めます。屋上ガーデンは朝日を浴びて、野菜もキラキラしています。ハーブの香りを嗅いだり、小さな虫を見つけたり、タネを触ってみたり、畑には楽しい発見がたくさんあります。みんなで作るランチでは、収穫したハーブを使って、スパイラルオリジナルソースを創作して、ワンタンスープには、畑のネギを使います。自然と食べることが繋がるランチです。大きなひとつのテーブルにみんなで作ったおいしいお料理が並びました。花も飾ってみんなでいのちのつながりをお祝いするテーブルです。1階では、『希望のタネに感謝と祈りを込める』ワークショップが開かれました。命のお話の絵本を読んだ後に、お話をしてタネをプレゼントしあいました。地下のスタジオでは、水のお話会や、写真のスライドショーで、自然、命、地球について考えて話し合いました。そして、おやつには、ビーガンアイスクリームを作っていただきました。それぞれが楽しみながら、地球、自然、命、食について感じて、会話をする2日間になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/11/17|アートスクール

11月16日『Spiral Table – いのちのつながりをお祝いしよう – 』Spiral Club/オープンコミュニティ フォトレポート1

サステナビリティーが普通な社会を目指す!をテーマに、活動をするスパイラルクラブが景丘の家でアートスクールを開催しました。地下2階のスタジオでは、南極のシロクマ、海の生き物、サンゴの島、世界中の自然など、4人の写真の素晴らしい写真のスライドショーが見られます。1階サロンでは、苔玉作り。思い思いの植物を使って、土をギュギュと固めて作ります。2階のベランダでは、竹を使った工作や、間伐材を使って作られたブロックで遊べます。
そして2階のこどもテーブルでは、朝畑で収穫したハーブと野菜を使った料理作り。食べることで体が作られて、排泄物は土に還り、また植物を育みます。テーブルの上と部屋の中には、大きな葉が飾られています。これは、市川鑑賞植物園で植物の手入れをして、剪定された葉をいただいたそうです。自然界には、ゴミになるものはありませんね。全ての命が巡って繋がっていることを感じられるプログラムです。自然界ラッパーOMGさんと参加型ライブは、みんな大盛り上がりです。明日、17日の開催していますので是非ご参加ください。(食のワークショップ以外は、当日ご参加いただけます。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/11/16|アートスクール

11月9日『手作りキムチの会』夏井景子/料理研究家 フォトレポート

今日のごはんが明日の元気になるような、季節の献立を教えてくださる夏井景子さんをお招きして、本格的なキムチ作りを教えていただきました。みんなはじめてのキムチ作りです。粉唐辛子、アミの塩辛、りんご、ニンニク、生姜、いろいろな野菜、たくさんの材料を使って作ります。前日に塩漬けにしておいた、旬の白菜を広げて、丁寧に手作りしたキムチの素を塗り込んでできあがりです。切ったり、すりおろしたり、出汁をとったり、みんなで協力して、色鮮やかなキムチが出来ました。できたてを少しだけお味見。一週間ほど熟成させた頃が食べごろだそうです。炊きたてのご飯といただくのが楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/11/09|アートスクール